前代未聞? 月9ドラマ『5→9』に本物の“男の娘”登場! 女装のクオリティの高さに驚愕の声上がるもドラマは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takadahyouga_01_151102.jpg
フジテレビ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』番組サイト「CAST&STAFF」より


 月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で前代未聞の事件が起きている。同ドラマは、石原さとみ演じる「5時から9時まで」英会話学校で講師として働く29歳独身・桜庭潤子が、山下智久演じる東大卒の僧侶・星川高嶺に迫られまくるラブコメディ。原作は相原実貴の漫画『5時から9時まで』(小学館)。今晩、第4話が放送される予定だ。

 しかし、前代未聞の事件というのはストーリーがとんでもないということではないし、共演者キラーと言われる石原が山下とスキャンダルを起こしたということでもない。

 事件とは、第1話から登場する美少女高校生・里中由希のことだ。由希は石原が講師を務める英会話学校の生徒で、いきなり石原に抱きつくシーンで姿を現す。童顔でロリータ的なかわいさがあり、一部では「正直、石原より魅力的」という声も聞こえるほどだ。しかし、第1話での立ち位置は基本モブキャラ。第2話でもそれは変わらないが、高校のクラスメート・蜂屋蓮司(ジャニーズJr.長妻怜央)と一緒に路上でいるシーンで生足を披露し、ミニスカートと黒のソックスから艶めかしい太ももまでのぞかせた。第3話ではハロウィンパーティの様子が描かれるため、『ふしぎの国のアリス』風のコスプレを披露すると、ネット上で「アリス似合いすぎ」「かわいすぎるー」「アリスのコスプレがあんなに似合うなんて」と絶賛の声があふれた。そして、エンディング。石原と山下の仲が上手く行き始めたところで、突然、「私、潤子ちゃんに告白するから!」と石原に告白する。原作を知らない視聴者は「?」と思っただろう。しかし、由希はレズビアンではない。

 そう。実はこの里中由希は女装男子、今風に言えば“男の娘”で、実際に正真正銘の男子が演じていたのだ。

 由希を演じていたのは、スターダストプロモーションの音楽グループEBiDAN39 & KiDSから選抜されたフォークデュオ・さくらしめじの1人、髙田彪我だった。髙田は2001年10月23日生まれの14歳で、身長は156cm。ドラマ出演はこれが初となる。Wikipediaにも「さくらしめじ」の項目しかできておらず、まだ「髙田彪我」の項目はない。一部では髙田は美少年として知られていたが、いまだマイナーであり、とんだ伏兵だった。

 原作ファンの間では、誰が由希を演じるか、配役は原作どおり男性になるか、それとも女性になるか、ドラマが始まる前から話題になっていた。しかし、まさか本当に男子に男の娘役をやらせるとは。

 プライム帯の地上波ドラマに男の娘が登場するだけでも驚きだが、さらに特筆すべきは、その登場の仕方が決してネタ的なものでなく、女装のクオリティが高いことだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

5時から9時まで 1 (Cheeseフラワーコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

前代未聞? 月9ドラマ『5→9』に本物の“男の娘”登場! 女装のクオリティの高さに驚愕の声上がるもドラマは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラ山田 葵男の娘の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃