>  >  > 瀬戸内寂聴がSEALDsの恋愛小説を

御年93歳、瀬戸内寂聴がSEALDsメンバーとの恋愛小説を発表! ホリエモン的新自由主義男をバッサリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
setouchijakuchou_151031.jpg
曼陀羅山寂庵公式サイトより


 今年、違憲の安保法制を強行採決するという歴史的な汚点を残した安倍政権だが、他方、政治に無関心と言われていた若者のあいだから民主主義を問う大きなうねりが路上で生まれた。その潮目をつくり出したのは、学生団体SEALDsであることは誰もが認めるところだろう。

 現在、SEALDsは野党に協力を求める活動の一方で、立て続けに出版された『民主主義ってなんだ?』(河出書房新社)、『民主主義ってこれだ!』(大月書店)の2冊が増刷に次ぐ増刷、今月行われた渋谷駅前の街宣ではスチャダラパーが参加し大きな話題になるなど、カルチャーシーンも巻きこみながら新しい政治活動のかたちを提示しつづけている。

 そんななか、SEALDsに触発された大作家が、ある掌編小説を発表した。タイトルは「さよならの秋」(集英社「すばる」11月号収録)。書き出しは、こうだ。

〈瑛太へ
 LINE三回送ったのに、全然既読にならない。ということは無視してるよってことね。瑛太は他の女に気が散った時は、かえって、日に二度も三度もLINEくれたよね。あっ、過去形使っちゃった! ま、いいか。私にとっては、もう瑛太は過去の人。〉

 LINEで別れ話……いかにもな“若者”っぽさが出だしから溢れているが、じつはこれ、作者は御年93歳の瀬戸内寂聴。しかも物語は、この夏、SEALDsのデモに参加した女性が、SEALDsのメンバーである涼なる人物に心を動かされ、現カレの瑛太に別れを告げるというものなのだ。

〈ごめんね、私、瑛太以外の男、好きになっちゃった! 毎日ワイワイデモに出てるのにってあきれる? もちろん、相手はグループの一人よ。そんな男のこと瑛太には興味ないでしょ。とにかくこれはお別れの挨拶。〉
〈どう考えても、私は瑛太のこと今でも嫌いじゃないみたい。でも、別れよう、別れたいの。瑛太に散々バカにされながら、今度のSEALDsに参加して出るようになってから、人生観が変っちゃったの。〉

この記事に関する本・雑誌

民主主義ってなんだ?

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
2 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
3 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
4 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
5 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
6 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
7 SMAP最後の日に中居と木村が
8 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
9 吹石一恵の音痴エピソード
10 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
11 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
12 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
13 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
14 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
15 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
16 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
17 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
20 キムタク最大のタブーとは?
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
9今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11メリルストリープの指摘は日本のことだ
12慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
13片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
14『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
15アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」