>  >  > 日本ほど農業を保護してない国はない

これでTPPに合意するのか!?「日本の農家は過保護」は嘘、欧米の方がはるかに自国の農業を保護していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shoku_151023_top.jpg
鈴木宣弘『食の戦争 米国の罠に落ちる日本』(文藝春秋)

「『これでは農業総自由化と同じではないか』。環太平洋連携協定(TPP)の詳細な合意内容が明らかになるにつれて、生産現場には驚きと衝撃が走っている。あまりに広範囲に及ぶ関税撤廃や大幅な削減に伴い、日本農業がかつて経験したことのない危機的状況に陥りかねない」と憤りをあらわにするのは、日本農業新聞(2015年10月12日付)だ。

 批判の矢は、TPPの大筋合意に喜ぶ安倍首相にも向けられている。

「安倍晋三首相のあまりに楽観視した発言に、生産現場で落胆が広がっている実態を重視すべきだ。大筋合意後の会見で重要5品目に関連して『関税撤廃の例外をしっかり確保できた』と強調したが、農業者は全く納得していない。生産現場から国会決議の“約束違反”の批判が出るのは当然ではないか。TPPはまさに『国のかたち』を変えかねない協定である」
「首相は9日の全閣僚で構成するTPP総合対策本部初会合で『守る農業から攻めの農業に転換し、意欲ある生産者が安心して再生産に取り組める、若い人が夢を持てるものにしていく』と述べた。(略)先行き不安から新規投資ができず、中堅層ほど農業に見切りをつけた離農が増えかねない。首相が語る『夢』は『悪夢』に変わりかねない」

 たしかに、この指摘は正しい。とくに深刻なのが、コメだ。コメは、関税は維持するものの、米国と豪州を対象に協定発効当初で計5万6千トン(13年目に計7万8400トン)の無関税枠を新設することとなった。すでに、日本は世界貿易機関(WTO)の協定に基づき、ミニマムアクセス(最低輸入量)として、年間77万トンのコメを無関税で輸入している。このうち、米国からの輸入量は約36万トンであり、今回の協議で、実質的な米国枠を6万トン増やすことにも合意しており、年約50万トンの米国産コメが入ってくることになる。

 これは、日本の2015年産主食用コメ生産数量目標の約1ヶ月分にあたる。農家が危機感を感じるのは無理もない。

 しかも、アメリカのコメは国からの圧倒的なバックアップを受けているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

食の戦争 米国の罠に落ちる日本 (文春新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
2 森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
3 宮崎駿監督の新作は、言論弾圧も覚悟
4 森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
5 櫻井翔と『報ステ』小川アナが熱愛!
6 嵐メンバーの意外な恋愛事情
7 安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
8 森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 村上春樹が新作に込めたメッセージ
13 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
14 鈴木清順の弟が明かす戦争体験の影響
15 どこも報じない櫻井翔一家の野望
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
18 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
19 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
PR
PR
1森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
2「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
3安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
4保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
5国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
6共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
7厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
10安倍はトランプにFTAを要求されてた
11森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
12森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
15米山新潟知事が語った共謀罪と原発
16厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
17石原慎太郎を増長させたメディアの責任
18アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
20清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」