>  >  > 下着ドロボー高木毅と父親の原発利権

「子供が片輪になっても原発つくれ!」“下着ドロボー”高木毅を大臣にした父親の汚すぎる原発利権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takagi_01_151022.jpg
あの“下着ドロ”復興相の父親が原発でトンデモ発言を!(衆議院議員 高木毅HPより)


「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)に“下着ドロボー”の過去を暴露された復興・原発事故担当大臣の高木毅氏。10月20日には記者会見で報道の真偽を問われ「そんな事実はない」と釈明したが、しかし被害者の妹の証言について確認されると「記事は読んだがわからない」「知らない」などとしどろもどろに。質問はその後も飛んだが、高木大臣は答えることなく逃げるように会見を打ち切った。

 今日発売の「週刊新潮」の続報では「露出狂」疑惑まで浮上し、この“下着ドロボー”問題はもはや言い逃れできない状況と言っていいだろう。

 それにしても、なぜこんな破廉恥な人物がのうのうと国会議員になり、大臣にまでのぼりつめることができたのか。

 それはズバリ、父親の高木孝一氏の力だ。孝一氏は、敦賀市議を2期、福井県議を4期つとめた後、1979年から95年の長期に渡って敦賀市長として市政を牛耳った地元政界のドン。孝一氏はまさにこれを利用し、息子の下着ドロボーをその権力で揉み消したのである。地元関係者がこう証言する。

「毅さんが事件を起こしたのは、父親の孝一さんが市長だったとき。下着の窃盗と住居侵入の疑いで敦賀署の取調べを受け、本人も容疑を認めたが、市長が警察に圧力をかけて事件化を押さえ込んだんです。被害者にも父親や勤務先の銀行などを通じてプレッシャーをかけ、地元マスコミにも金をばら撒くなどして、事件をもみ消してしまった」

 被害者女性の妹も「週刊新潮」の取材にこう証言している。

「姉が“騒がんといてくれ。勤め先にも迷惑かけたくない”って。父は“(高木氏の父親の)市長も頭を下げてきた”“敦賀でお世話になっとるし”と言ってて、それで示談っていうか……」

 しかも、この時、事件のもみ消しに全面協力したのが、敦賀を支配する原発ムラだった。被害者女性の勤務先の地元金融機関や父親のところには、敦賀原発の運営会社である日本原子力発電はじめ、電力関連会社から相当なプレッシャーがかかったという。

「妹さんはそこまで深い事情を知らないようだが、実は原発関連のいろんな筋からの働きかけが一番、被害者を黙らせるのに、効いたようです」(前出・地元関係者)

この記事に関する本・雑誌

日本の原発、どこで間違えたのか

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
2 長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
3 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
4 小池百合子の本性が!韓国人学校排除
5 成宮コカイン疑惑をテレビはなぜ報道?
6 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
7 能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
10 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
11 カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
12 キムタク最大のタブーとは?
13 つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
14 長渕剛がSEALDsに希望を見た
15 小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
16 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
17 星野源が『逃げ恥』非難の声に反論
18 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
19 長渕剛と柳美里が原発に怒りの対談!
20 椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
PR
PR
1つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
2年金カット強行採決で貧困高齢者が
3安倍が年金カット法案でも強行採決
4稲田朋美が串カツ屋で一晩14万
5椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
6自民党が女性の社会進出否定する動き
7安倍首相はじめ内閣のデタラメ政治資金
8ASKA逮捕を見せ物にした警視庁
9カジノ法案の背後に安倍とセガサミー
12安倍政権と櫻井よしこがもんじゅ継続を
13カジノ法案強行でギャンブル依存症が
14維新が政党交付金の返還逃れ1億円!
15長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
16長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
17能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
18カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
19つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
20小池百合子の本性が!韓国人学校排除
PR
PR

カテゴリ別ランキング