>  >  > 半グレも逃げ出す危険ドラッグの実態

厳しい取締りでさらに危ないドラッグが…半グレも逃げ出す危険ドラッグ業界の末期症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kikendrugs_150624.jpg
『危険ドラッグ 半グレの闇稼業』(溝口敦/角川書店)

 2014年9月中旬からの約1カ月の間に、危険ドラッグのひとつである「ハートショット」の使用により15人が死亡した。この前後から警察による大々的な危険ドラッグ撲滅キャンペーンが始まったが、それでも乱用者は後を絶たない。一説によると危険ドラッグ市場は1200億円市場と目されており、目下、半グレのシノギのひとつとなっているとも言われる。

『危険ドラッグ 半グレの闇稼業』(溝口敦/角川書店)は、ここ数年、危険ドラッグの危険性が叫ばれ、実際に痛ましい事件が起こりながらも、供給を続けている側に取材を行い、そのシノギの構造を解明している。

 危険ドラッグとは覚せい剤や大麻など法律で規制された薬物と似た化学物質を含むドラッグであり、乾燥した植物片に薬剤をまぶしてあるもの、粉末状、液状、錠剤、など色々な形がある。過去には脱法ハーブと呼ばれていた時期もあった。実際のところ植物片にまぶしているのは化学物質であり、ハーブというイメージからは程遠いケミカルドラッグだ。ある化学物質が規制されればそれに似た化学物質をまぶした新種の危険ドラッグが出回る、というサイクルを繰り返しており、イタチごっこが続いている。

 作者が取材したPという男は、現在は足を洗っているが、かつて北日本で輸入卸を兼ねて開業し、一時は全国の小売店に頼りにされていたという。

 Pは、もともと親しくしていたN社長が日本で初めて危険ドラッグの製造を手掛けた関係で商売をはじめ、お互いに売上げを伸ばしていった。

「小売りのほかに卸もやっていて、こちらの売上が月2000万円くらい。売上げ、儲けとも当時はうなぎ登りでした。というのは、原価率が極めて低いから」(P)

 当時、小売りで2800円、3800円で売られているようなものだと原価は50円。ボロ儲けである。Pは2010年、N社長の会社を従業員ごと2000万円で買収し、商売を続けた。

 だが、〈この業界にあまりに強く逆風が吹き始めたので〉、2年後に足を洗ったという。

 Pは厚労省の麻薬取締官とも付き合い、情報を収集していたが、「脱法ドラッグで社長なんかやってる時代じゃないよ、マジやられるよ」と忠告されたのも危険ドラッグから離れる理由になったという。

この記事に関する本・雑誌

危険ドラッグ 半グレの闇稼業 (角川新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8 松本人志の大手事務所タブー批判に違和
9 SMAP最後の日に中居と木村が
10 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
11 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
12 キムタク最大のタブーとは?
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
15 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
16 トランプ以前から米は日本を守る気ない
17 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
18 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
19 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6安倍政権が“国策映画”計画へ
7DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
13『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
14アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
15宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」