>  >  > ももクロ・あーりんの母が秘密暴露

ももクロ・あーりんはなぜ“アイドルのプロ”なのにダイエットしないのか? 真相を母が告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sasakiayaka_01_150527.jpg
佐々木彩夏オフィシャルブログ「あーりんのほっぺ」より


 主演映画『幕が上がる』、そして同名の主演舞台も好評だった、ももいろクローバーZ。7月にロサンゼルスで開催されるアニメコンベンション「Anime Expo 2015」にもメインアクトとして出演するなど、その勢いは相変わらずだ。

「今年の1月から4月にかけて、立て続けにリリースした3枚のシングルの初動売り上げが『夢の浮世に咲いてみな』(1月28日発売、KISSとのコラボ)が5.8万枚、『青春賦』(3月11日発売)が6.4万枚、『「Z」の誓い』(4月28日発売)が4.8万枚と、パッしなかったことから、一部では人気に翳り、という見方も広まっていましたが、ももクロの場合、ブレイク以降は握手券などの特典をCDにつけていないということもあり、CDのセールスはもともとそれほど多くない。でもライブは相変わらずチケット即完売で、入手が難しい状態が続いてますし、しかも、映画や舞台など活動の幅を広げている現状を考えると、勢いはまだまだ続きそうです」(アイドルに詳しい週刊誌記者)

 ところで、そのももクロのメンバー“あーりん”こと佐々木彩夏の意外な一面が見えた、と話題になっているのが、メジャーデビュー前後からももクロを追い続けている雑誌「Quick Japan」(太田出版)。同誌は、4月10日発売のvol.119で“あーりん”こと佐々木彩夏の総力特集を掲載。しかも、「side-S」と「Side-A」という2つの異なる特集記事を掲載した2タイトルを同時に刊行したのだが、、インタビューや母娘対談でかなり核心に迫った話をしているのだ。

 佐々木彩夏といえば、“ももクロのアイドル”と呼ばれ、グループの中でもっとも“アイドルらしい”メンバーだ。つまり、常に可愛らしくあり続け、時には“ブリっ子”といわれてしまうような言動も少なくないのだが、その徹底ぶりは時に“プロ意識の高いアイドル”として「佐々木プロ」と呼ばれることも多い。

 そんな佐々木のアイドルとして姿は、いわば「あーりん」というキャラクターで具現化されているわけだが、前述の「Quick Japan」vol.119 side-Sのロングインタビューではあーりんというものが自分の「軸です」と明言したうえで、以下のように説明している。

「あーりんって、ちょっとウザったいイメージがあるかもしれないけど(笑)、本当はそうじゃなくて、私的には『お上品』とか『女の子らしい』のがあーりんのイメージなの。女の子として大事にしなくちゃいけない部分で、ママがずっと私に言っていたこと。テレビやステージでは、ちょっとキャラを作ってブリブリしたことも言うけど、本質的な部分はママの教えなんですよ。だから、ブレない」

 “あーりん”は母の教えの賜物だと断言する佐々木。「Quick Japan」vol.119 side-Aには佐々木と実母の対談が掲載されているのだが、そこで母は評論家・酒井美意子の著書『花のある女の子の育て方』を参考に佐々木彩夏を育てたと告白し、こう話す。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン 119 side-S

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
6 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
7 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8 キムタク最大のタブーとは?
9 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
10 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
11 SMAP最後の日に中居と木村が
12 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
13 園子温がシンゴジラと君の名は。を罵倒
14 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 吹石一恵の音痴エピソード
17 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
18 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
19 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6安倍政権が“国策映画”計画へ
7DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
13『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
14アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
15宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」