『まれ』で注目の女優、門脇麦の肝の据わり方が凄い「下着は彼と一緒に買いに行く」宣言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kadowakimugi_150503.jpg
NHK連続テレビ小説『まれ』NHKオンライン 登場人物紹介より


 先月からスタートしたNHK連続テレビ小説『まれ』。ここ数週間は平均視聴率が20%台を割り込み今後の展開が心配されているが、そんななかでヒロイン・希を演じる土屋太鳳以上に注目を集めているのが、希の友人役で出演中の門脇麦だ。

 現在22歳の門脇は、竹野内豊と共演した東京ガスのシュールなCMでのバレリーナ役が話題となった、黒髪ボブヘアの清楚な雰囲気を漂わせる新進女優。そんなもっとも旬な女優に、最近、初の熱愛が発覚した。

 熱愛を報じた「FRIDAY」(講談社)によると、門脇の恋の相手は、若手俳優の太賀。アラフォー世代ならご存じであろう『愛という名のもとに』(フジテレビ系)で“チョロ”役を演じた中野英雄の次男で、コワモテの父親とは裏腹に文化系の雰囲気が漂う注目の俳優だ。

 しかも激写された写真は、ふたりともよく似たチェスターコートを羽織り、下北沢の街で腕を組んで歩く、というサワヤカなもの。記事によれば、昭和レトロな喫茶店で演劇論を交わしていたそうで、別の日には同じく下北沢の路地裏で熱く抱擁を交わすこともあったのだとか。シモキタ、喫茶店、路地裏……キーワードを並べただけで立ち上る青春の匂いにむせ返りそうだ。ああ、うらやましい。

 しかし、門脇にとってはいまが大事なとき。こんなタイミングで熱愛発覚なんて……と落胆した朝ドラファンのおじさんも多いかもしれないが、こんなことで驚いてはいけない。じつは彼女、恋愛のひとつくらいでは物怖じしない、なかなかに肝が据わった女優なのだ。

 それを象徴するのが、昨年9月に放映されたテレビ番組『戦う女』(フジテレビNEXT)での発言だ。この番組は小泉今日子原作のパンツにまつわるエッセイをドラマ化したもので、ドラマの後にはYOUと友近、芸術家集団Chim↑Pom のエリイ、そして門脇の4人がスタジオトークを行うという構成。このなかで、“好きな人に会う時、どんなパンツを穿くか”という話題を振られた門脇は「見られる前提ってことですよね?」と自ら掘り下げた上で、「好みに合わせます」と回答。しかも、つづけてこう言い放ったのだ。

「わたし、一緒に買いに行ったり(します)」
「(相手は)さすがにちょっと恥ずかしそうではありますけど」

 えっ? ってことは、門脇にはパンツを見せる相手がいて、なおかつ一緒にパンツを選んだりしているってこと!? ……いや、ふつうに考えれば22歳の女の子なのだから、彼氏とパンツを買っていても何ら不思議ではない。ただ、彼女は新進女優である。しかも朝ドラに出演することもこのときすでにわかっていたはずだ。こういう恋愛ネタを振られても、大抵の若手女優はお茶を濁して願望論なんかを語りがちだが、しかし、門脇は正直すぎるくらいに私生活を明かしたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

戦う女 [DVD]

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『まれ』で注目の女優、門脇麦の肝の据わり方が凄い「下着は彼と一緒に買いに行く」宣言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草朝ドラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも