>  >  > 菅長官の古賀攻撃オフレコメモ!

事実無根じゃない! 菅官房長官が古賀茂明を攻撃していた「オフレコメモ」を入手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sugakoga_01_150331.jpg
左 内閣官房長官・衆議院議員 菅義偉ホームページより/右 『国家の暴走 安倍政権の世論操作術』(角川書店)


『報道ステーション』(テレビ朝日系)で爆弾発言を行った古賀茂明氏へのバッシングが止まらない。ネットでは、古賀氏に対して「捏造だ」「被害妄想だ」「陰謀論を平気で事実のようにしゃべっている」という声があふれ、そして、30日には、菅義偉官房長官が記者会見で、古賀発言を完全否定した。「テレビ朝日の『報道ステーション』のコメンテーター」が、生放送中に菅官房長官の名を挙げて「バッシングを受けた」と語ったことを、「まったくの事実無根」「事実に反するコメントだ。公共の電波を使った行為であり、極めて不適切だ」と批判したのである。

 よくもまあ、こんな白々しい嘘がつけるものである。そもそも、菅官房長官は、この会見で「放送法という法律があるので、まずテレビ局がどう対応されるかを見守りたい」と発言。テレビ朝日に対して、あからさまな圧力をかけていたではないか。

 これだけでも、菅官房長官が日常的にメディアに圧力をかけていることの傍証となるものだが、本サイトはもっと決定的な証拠を入手した。

 古賀茂明氏が『報道ステーション』で「I am not ABE」発言をした少し後の2月某日、菅は会見の後のオフレコ懇談ではっきりと、古賀バッシングを口にしているのだ。その「オフレコメモ」を入手したので、ここに紹介しよう。

 メモはまず、官房長官会見でのこんなやりとりが書かれている。

(会見)

Q イスラム国の事件を受けて、今月初めごろにフリージャーナリストや作家がマスコミの間で政権批判を自粛するような雰囲気が広がっていると指摘するような声明が出た。
マスコミも政権批判をすれば取材がしにくくなるという懸念があって、これをもって政府から暗黙の圧力という指摘もあるが
A まず、政府としては、もとより憲法が保障する報道、表現の自由は最大限尊重されると考えている。そして我が国においてもあらゆる政策についても、国会や言論界で自由闊達な意見の表明が行われているではないでしょうか。
つい先日、この運動をやっているかたが、テレビに出て発言をしていましたけれども、ISILへの対応について、政府を批判してましたけれども、あたかも政府が人命に本当に危険迫るようなことをしたと、あたかも見てきたような、全く事実と異なることを、テレビ局で堂々と延々と発言していました。そういうことを見ても日本はまさに自由がしっかりと保障されているのではないでしょうか。はき違えというのもあるかだろうと思います。

 公式会見でも十分、マスコミ報道を皮肉るものだが、その後に、オフレコ制限がついた部分のメモがこう続いている。

この記事に関する本・雑誌

国家の暴走 安倍政権の世論操作術

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
2 安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
3 安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
4 文春が東京五輪を!電通元専務に金
5 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
6 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
7 芸能界のドンが初めてインタビューに
8 現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
9 川島なお美が近藤誠の診断を告発
10 マツコが小池百合子にNG発言の理由
11 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
12 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
13 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
14 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
17 TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
18 キムタク最大のタブーとは?
19 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
20 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
8稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
9稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
10炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
11 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
12安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
13福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
14現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
15新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
16安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
17新潟県知事不出馬はやはり原発ムラ圧力
18「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
19もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
20奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」