>  >  > パワースポット量産の果てにあるもの

全国各地で「パワースポット」が量産中! 宗教体験の観光化は何をもたらすのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
seitijunrei_01_150321.jpg
『聖地巡礼 世界遺産からアニメの舞台まで』(中公新書)

「聖地巡礼」から、宗教的意味合いが薄まりつつある。テレビや雑誌の企画では「パワースポット」巡りが延々と量産されている。岡本亮輔『聖地巡礼 世界遺産からアニメの舞台まで』(中公新書)は、このパワースポットという言葉について「宗教臭さや伝統の重さを感じさせない言葉が流通したことで、聖地を観光の対象として取り上げやすくなり、一般的な旅行情報の中に違和感なく聖地巡礼を織り交ぜることができる」と分析している。ちなみに、パワースポットとは和製英語、宗教観をポップにほどくこの言葉に寄りかかりながら、ポップな聖地巡礼が全国各地で生まれ続けている。

 著者は、2000年以降に生じたパワースポットを三類型に分ける。(1)再提示型、(2)強化型、(3)発見型だ。「再提示型」は、かねてからの聖地があらためてパワースポットと言い換えられるパターン。伊勢神宮はパワースポットブームを受けて、2010年に860万人という驚異的な参拝者数を記録した。この「再提示型」には、公的機関が観光誘致のためにパワースポット化を図るケースも多く存在する。「石清水八幡宮パワースポット巡り」を紹介している京都府八幡市のサイトでは「鳥居や塔を手で触るなどしてパワーを感じていました」とあるが、著者は「手で対象に触れたりパワーを感じたりといった実践が伝統的な神社の参拝のあり方と異なることは言うまでもない」と記す。

 静岡県ではなんと、県の統合基盤地理情報システムにパワースポット情報が組み込まれている。都市計画情報・南海トラフ地震の津波被害想定・埋蔵文化財情報などを一括表示するシステムに「ふじのくにエンゼルパワースポット」と題し、恋愛・結婚・子宝に関連するスポットが表示されるという。こうして寺社の存在が、公的機関の働きかけにより、あらためてパワースポットとして紹介されていくのだ。

「強化型」は、元から高い知名度を持っていた場所がパワースポットに言い換えられるケース。箱根神社や東京大神宮などでは、メディアの影響で縁結びの効能が高められ、神社側もその動きに積極的に応えていく。東京大神宮では女性客用に、神社では全国初のドライミストが設置されているという。思いを寄せる相手の心を開かせるという意味を込めた鍵をかたどったお守りまであるそうで、強化というか、迎合というか、マーケティングというか……。

「発見型」は、そもそも非宗教的であった場所がいつの間にかパワースポットとして紹介されるケース。愛知県の清洲公園では織田信長の銅像が設置されていたが、2012年に信長の妻であった濃姫の銅像がその隣に移設されると、市のウェブサイトで「始まりの地 〜二人の愛と希望の丘〜」と紹介されパワースポットして稼動し始めたという。正に、力ずくのスポット作りだ。地方のちょっとした公園に行けば、往々にしてメンテナンスが行き届いていない銅像が寂しげにしているものだが、それらを磨き直して、パワースポット化させるというリサイクル・スポットも出てきているのだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで (中公新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
2 森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
3 宮崎駿監督の新作は、言論弾圧も覚悟
4 森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
5 櫻井翔と『報ステ』小川アナが熱愛!
6 嵐メンバーの意外な恋愛事情
7 安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
8 森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 村上春樹が新作に込めたメッセージ
13 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
14 鈴木清順の弟が明かす戦争体験の影響
15 どこも報じない櫻井翔一家の野望
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
18 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
19 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
PR
PR
1森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
2「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
3安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
4保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
5国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
6共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
7厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
10安倍はトランプにFTAを要求されてた
11森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
12森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
15米山新潟知事が語った共謀罪と原発
16厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
17石原慎太郎を増長させたメディアの責任
18アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
20清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」