乃木坂・白石麻衣はジャニヲタだった! AKB、SKE…女子アイドルはジャニヲタだらけ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shiraishi_150210.jpg
清純派? ジャニヲタだった乃木坂・白石(『乃木坂46 白石麻衣1stフォトブックMAI STYLE』主婦の友社)

 1月23日に発売となった『乃木坂46 白石麻衣1stフォトブックMAI STYLE』(主婦の友社)が、週間売り上げ1.9万部で、2月2日付オリコン「本」ランキングの総合BOOK部門4位にランクインした。昨年12月に発売された初のソロ写真集『清純な大人 白石麻衣』(幻冬舎)で「清純派アイドル」の強さを見せつけたこともあってか、『MAI STYLE』は発売前から重版がかかるなど、ファンの間でも注目を集めていた。

 本書は「フォトブック」の名にふさわしい、私服スナップやウェディングドレス姿といった写真ページのほか、学生時代の思い出や、アイドルと女性ファッション誌「Ray」専属モデルの両立の難しさなど白石の本音もつづられおり、外見だけでなく内面的な「清純派アイドル」として認知させることに成功したといえるだろう。

 しかし、熱心なファンの間では有名だが、白石には「清純派」とは似つかない、過激な過去があるのだ。

 それはずばり、熱心なジャニヲタ(ジャニーズファン)だったという過去。関ジャニ∞安田章大(しょうた)のファンだったことは有名で、「白石麻衣 ジャニーズ」と検索すれば、濃いアイメイクでギャルっぽい白石が安田のうちわを持ち、「しょたくん」と書かれたプリクラをすぐに見つけることができる。白石はほかにもジャニーズJr.の山本亮太や、Kis-My-Ft2玉森裕太の名前もプリクラの「落書き」として書いており、ジャニーズを全般的に好きだったと思われる。

 しかし、過去にジャニヲタだった女性アイドルというのは、白石に限らず、枚挙に暇がないほど多い事例なのだ。

 有名なのは、AKB48の島田晴香。彼女はジャニヲタというより、ストーカーのようにアイドルを追っかける「ヤラカシ」として有名で、その標的だったのはHey!Say!JUMPの有岡大貴だった。かつて有岡が通っていた堀越高校前で待ち伏せしたり、その様子をブログなどでつづったりと、有岡ファンの間でも有名な存在だったという。

 2013年に、NEWS手越祐也との熱烈キスをフライデーされた元SKE48メンバーの鬼頭桃菜は、Hey!Say!JUMPファンだったともいわれているが、同じグループの井口栞里とともにSexy Zoneの握手会に参加している姿がファンに見つかっており、白石のようにジャニーズを幅広く愛しているよう。

 年齢が近いこともあるのだろうか、現役女性アイドルにはHey!Say!JUMPファンが多いようで、AKB48の島崎遥香は山田ファン、NMB48山岸奈津美は知念侑李ファンとしてコンサートに来ている姿が目撃され、NMB48肥川彩愛も過去のプロフ流出で有岡ファンだったことが明らかになっている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジャニヲタあるある フレッシュ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

乃木坂・白石麻衣はジャニヲタだった! AKB、SKE…女子アイドルはジャニヲタだらけ!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズヲタ乃木坂46江崎理生白石麻衣の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした