もとはただのロリ系…世界が注目するメタルアイドル「BABYMETAL」はどう作られたか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
babymetal_01_150126.jpg
「BABYMETAL WORLD TOUR 2014」(トイズファクトリー)

 今、世界でもっともブレイクしている日本の音楽ユニットといえば、メタルアイドルユニット・BABYMETALだ。3人の少女がゴリゴリのヘヴィメタルを歌い踊るという、前代未聞のスタイルで、数々の海外メタルフェスに出演。さらにレディー・ガガの北米ツアーにオープニングアクトとして同行するなど、ワールドワイドな活躍を見せている。

 日本国内でも日本武道館2デイズやさいたまスーパーアリーナの単独公演も成功させ、確実にブレイクしているBABYMETALだが、もとはといえば “成長期限定”の正統派アイドルグループ「さくら学院」の派生ユニットだ。事情に詳しいアイドルライターはこう話す。

「さくら学院には、“バトン部”“新聞部”などといった、クラブ活動をモチーフとした派生ユニットがあって、BABYMETALも“重音部”というクラブ活動として誕生したもの。今となってはBABYMETALの知名度は『さくら学院』本体を余裕で凌駕していますが、最初は誰もここまでなるとは思っていなかったでしょう。つまり、狙ったうえでのブレイクではない。たまたま楽曲のクオリティーが高くて一部の音楽ファンのアンテナに引っかかったという感じです。ライブ会場はいわゆるアイドルファンよりも音楽ファンの方が多いです」

 BABYMETALの楽曲はヘヴィメタルサウンドだが、だからと言って必ずしもヘヴィメタルのファンに受けているわけでもないという。ヘヴィメタルに造詣が深い音楽ライターはこう話す。

「ヘヴィメタルのリスナーはどちらかというとこだわりが強くて、それぞれに理想の“ヘヴィメタル像”を持っていることが多い。なので、いくら楽曲のクオリティーが高くても、メタルファンに言わせると、女の子3人が歌って踊っているという点で“偽物”となってしまう。ヘヴィメタル専門誌「BURRN!」では“嬢メタル”と呼ばれる女性バンドは掲載しても、BABYMETALについてはほぼ黙殺しています。BABYMETALはあくまでも“ヘヴィメタルっぽいアイドルグループ”であって、“ヘヴィメタルグループ”ではないんですよね」

 BABYMETALのメンバーは、SU-METAL(中元すず香・17歳、ボーカル&ダンス)、YUIMETAL(水野由結・15歳、スクリーム&ダンス)、MOAMETAL(菊地最愛・15歳、スクリーム&ダンス)の3人。言うまでもないだろうが、3人ともヘヴィメタルが好きでも詳しいわけでもない。2013年12月発売の「Quick Japan」(太田出版)vol.111のインタビューで、SU-METALはこう話している。

「もともとメタルっていうものを一切知らなかったのにいきなりメタルを歌ってるわけじゃないですか」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

LIVE AT BUDOKAN~ RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE ~ [DVD]

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

もとはただのロリ系…世界が注目するメタルアイドル「BABYMETAL」はどう作られたかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BABYMETALプロデュースメタル学生田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃