>  >  > 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!

アカハラも奨励! 80股・岡田斗司夫“ゲス”の秘密を10年前の著書で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
okadatoshio_01_150121.jpg
『東大オタク学講座』(講談社)

 昨年の大晦日に“愛人”とのキス写真がFacebookで公開されたことから勃発した、岡田斗司夫をめぐる騒動。ついには先日、肉体関係をもった女性たちをこと細かに格付けした、ジェームス三木の「春の歩み」を彷彿とさせるリストまで流出。リストに記された女性たちのなかにはコラムニスト・犬山紙子と思しき人物(本人は否定)のほか、アイドルの歌唱指導者として活躍する者、さらには岡田が客員教授を務める大阪芸術大学の在学生なども含まれていたが、岡田はこれについて昨日20日に「ほとんどは私が、仕事で会っただけの女性に対する妄想を書いたものです」と釈明した。

 岡田の「実在の人物を元にした創作」という苦しすぎる言い分を信じたとしても、女性ごとに「美少女・美形度」「床上手・名器度」などをA〜C判定でランク付けするというゲスっぷりにはただただ閉口するしかないが、この騒動の発端となった女性の暴露に対する対応でも岡田の非情さは滲み出ていた。当初、女性が公開したキス写真に対し、岡田は「当たり前ですけどニセ写真です」と否定。ところが1月9日になってYouTubeの動画で「基本的には全部本物なんですね」と認め、現在9人の女性と交際していること、そして過去には80股をかけていたことを告白。「ニセ写真」と嘘をついたことを謝罪するでもなく、さらにはドヤ顔でモテ自慢を始めたのだ。

 たしかに岡田はバツイチの単身者であるし、どれだけの人数の女性と交際していようとも罪はない。もっといえば、たとえ岡田が既婚者で不倫だったとしても、本サイトとしては咎めるような話ではないと考えている。ただ、例のリストが「創作」ではなく本物だとしたら、見逃せないのは教え子と関係をもっていると思われる点だ。教え子のほうからアプローチしていたとしても、教職という権力をもった立場にある以上、性的な関係を結ぶことはパワーハラスメントと見られてもしかたがない。しかも、こうした立場にあることに岡田はまったく無頓着で、逆に“学生は食い放題”と考えていた節さえあるのだ。

 それは、2003年に発売された岡田の著書『恋愛自由市場主義宣言!』(ぶんか社)にある、こんな記述に顕著だ。モテないと嘆く男性に対し、岡田は後天的に手に入れられるモテる方法を伝授するのだが、その内容がこれ。

〈それは金と社会的地位。そして、もっと強いオールマイティカードは「女性に教える先生になる仕事につく」。これです〉

 到底、教壇の上に立つ人間が発する言葉とは思えない倫理観のなさ。流出したリストでも、関係をもった学生から「こんなことしてエエと思てんのか」と罵倒されたことを明かして「まぁ言いたいだけ言わせたし、もうやることはやっちゃったわけだから、これ以上追いかける意味はないし」「「若い子は騙して抱いて、終わったら捨てろ」というのが僕の中の法則みたいですね。それ以上の値打ちはないような気がするなぁ」などと記載しているが、創作だとしてもあまりにひどい話だ。だが、岡田が出してきた恋愛本を読むと、彼が女をモノとしか見ていないことがよくわかる。

この記事に関する本・雑誌

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
2 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
3 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
4 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
5 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
6 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
7 安倍政権が“国策映画”計画へ
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
9 差別炎上の古市憲寿が歴史修正に加担
10 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
11 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
12 『校閲ガール』原作者がジャニーズ批判
13 キムタク最大のタブーとは?
14 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
15 橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
16 中居と飯島マネ新事務所設立を新潮が…
17 SMAP最後の日に中居と木村が
18 大晦日SMAP慰労会、情報戦の裏
19 MBAは役に立たない!おサムい実情
20 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3安倍政権御用ジャーナリスト大賞
4室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
5安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
6トランプのマスコミ排除は日本でも
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11安倍政権が“国策映画”計画へ
12今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
16『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20野党が勝てないのは経済政策のせいだ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」