盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
minomonta_150109.jpg
『敗者の報道』(TAC出版)

「どうも、来年3月の第3週から『報道ステーション』の司会を古舘くんに代わってやらせていただくことになりました、みのもんたでございます」

 みのがこんな発言をしたのは昨年まで連載していた「アサ芸プラス」の記事中でのことだった。

 もちろんこれはみののギャグ。2013年、次男の不祥事で『朝ズバッ!』(TBS系)などレギュラー番組を降板したみのだが、最近でも「(仕事のオファーは)どこからもきていません」(みの)という状態が続いている。

 だが、みの本人は現在でも報道番組などへの本格復帰に意欲的で、その機会を虎視眈々と狙っていると見られている。実際、派手な復活パーティや在京テレビ幹部との会合も報じられ、また多くのメディアのインタビューに応じて「やりたいことはまだまだある」など本格復帰の可能性を示唆している。

 そんな中、みのが出版した『敗者の報道』(TAC出版)という本が一部で話題になっている。そこには次男の窃盗未遂容疑逮捕の“真相”が語られていたからだ。

 これまでの報道では、事件は次男が泥酔した男性のカバンからキャッシュカードを盗み、ATMを操作しようとしたとされている。だが、本書によると「本人はいまだに盗みはやっていないと言っています」という。そしてみのもそれを信じているというのだ。

 最初は、このオヤジ、今頃になってまだそんな言い訳をしているのか……と思ったのだが、よく読むと、報道とはかなりちがう事実が次々明らかになってくる。

 まず、みのが次男から聞いた一部始終は以下のようなものだった。8月13日午前1時頃、酔った次男は自販機で水を買おうとした際、自分の財布がないことに気がついたという。

「焦ってあたりを探すとコンビニ前の道路にカードが3枚散らばっていた。そのうちの1枚が自分のメインバンクのキャッシュカードだった。咄嗟に〈やられた! 自分の口座の金を引き出された!〉そう思いこんでしまった次男はカードを拾い、まっさきにコンビニ店内のATMで残高照会しようとした」

 だが、暗証番号が合わない。よく見ると自分の名義ではないことに気づいた次男は、そのカードを店外へポイッと捨ててしまったという。

 その直後、背後にいた警察に呼び止められ何をやったか咎められ、交番に連れて行かれた。その聴取の途中で次男の紛失した財布が届けられたため、財布を落としたのは事実と分かり、そのまま帰宅が許されたという。

 それから1カ月、警察からは何の連絡もなかった。しかし9月11日、自宅マンション前に待ち構えていた刑事たちに次男は窃盗未遂容疑で逮捕されてしまう。その後はみののレギュラー番組出演自粛、そしてマスコミからのバッシング報道が巻き起こっていく。その渦中にありキャスターとしての立場、しかし子供の言葉を信じたい父親としての苦悩で揺れるみの。

 事態はさらに悪化する。10月1日には被害者からカバンを盗んだ容疑で次男が再逮捕されたのだ。当初、次男は容疑を否認したが、その後は罪を認め、マスコミでは窃盗未遂は確定したものとして報道された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

敗者の報道

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

盗んだはずの財布に指紋なし! みのもんたが著書で次男の不当逮捕を主張のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。みのもんた伊勢崎馨冤罪警察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃