安倍首相のちんこちっちゃい! 岩井志麻子が韓国人の愛人相手に衝撃発言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_150101.jpg
“疑惑”の真相を岩井志麻子先生に直撃したぞ!


「首相のちんこちっちゃいんだって」

 ええェェぇ!!?? 首相ってどこの!? もしや日本のあの方?  こんな仰天発言が載ったのはサブカル・テレビ雑誌「TV Bros.」(東京ニュース通信社 14年12月20日号)。表紙は映画『海月姫』で話題の可愛らしい能年玲奈ちゃん……。

 といっても、もちろん発言の主は能年ちゃんではない。問題の「TV Bros.」には、特別企画として、作家・岩井志麻子と、志麻子先生の誕生祝いのため来日した韓国人愛人「キムちゃん」の“日韓対談”が掲載されており、冒頭の発言はその対談の中で志麻子先生の口から発せられたものだった。

「2014年振り返り ロコピピSP  志麻子とガチで語る日韓問題! 朝まで生マッコリ!」と題されたこの対談はこんなリードから始まる。

「ネットの力で日韓双方がお互いを隅々まで知るようになり、距離が近付くにつれ摩擦も発生し、“好き”と“嫌い”が、まるで双子のように膨張していったのですが、しかし、この一年で“嫌い”サイドにマスコミも乗っかるようになってきて、荒みっぷりに拍車がかかったような気がします。戦前も『煽ると売れる!』と群がったマスコミのせいで世論は熱狂してしまい、そんな世論に対して『今さら戦争できませんわって言えるかボケー!』と政府首脳も勝てるとは決して思っていなかった戦争に突入していきました」

 お、もしかして反戦対談なのか、と思いきや、そこはエロの伝道師、韓国との夜の外交官との異名を持つ志麻子先生だ。一筋縄ではいかない。二人の会話はいきなりこんな感じで始まる。

「志麻子は韓国で悪魔と思われます。志麻子のペットの犬の名前が竹島、ケータイの着信音が君が代。右翼と思われていますよ!」(キンちゃん) 
「私は愛国者だけど右翼じゃないわよ! だいたい韓国が嫌いな人が韓国人と結婚したり付き合ったりするわけないじゃない! というかなんで愛国者=右翼なのよ! 女=オナニーしないと同じ!! するわい!!!!」(志麻子)

 お得意のエロトークを混ぜ込みながら、愛国=右翼を否定、またかつてキム・ヨナに金メダルをあげるから独島(竹島)を返しなさいと発言し大騒ぎになった件も「言ってない!!!!」(志麻子)と改めて否定。「あまりに愛しすぎて言ってるの! 韓国もそう。好きだから問題を言うのよ!」とした上で、日韓関係に切り込んでいくのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

オバサンだってセックスしたい (ベスト新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍首相のちんこちっちゃい! 岩井志麻子が韓国人の愛人相手に衝撃発言!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨安倍晋三岩井志麻子愛人秘密の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評