モテホストが教える“モテテク”は本当に使えるのか? リア充女子が診断!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mote_01_141216.jpg
『「モテの原理」モテるオトコに変わるための出張ホスト禁断の教え32』(ゴマブックス)

 世の中に多数存在する「男性用モテ本」。参考にしている男性も多いようだが、女性からすると内容に疑問を感じることが多い。例えば“自信のある男はモテる”という教えはありがちだが、これは自信の根拠となる実績を持っていることが絶対条件。自信だけがあっても、プライドが高い男ははっきりいって面倒である。卑屈な男性よりはマシだが、プラス評価になるとは限らない。

 そんななか、男の勘違いがよくわかる本を発見した。“年収1000万をコンスタントにキープするカリスマ出張ホスト”だという藤崎清十郎氏による『「モテの原理」モテるオトコに変わるための出張ホスト禁断の教え32』(ゴマブックス)なる本だ。なんでも藤崎氏によれば、女心を知るためには「身体言語」をマスターしなければならない……らしい。身体言語とは、仕草や表情、声のトーンなど「言語以外の情報」。だがこれが、女からすると「マジすか!?」のオンパレードなのである。


●その1 女性が唇をかむという仕草

 藤崎氏によると、これは意識的に「その件は言わない」とふるまっているか、あるいは「何が言いたいかわかないから黙っておく」という自信のなさゆえの仕草であると考えられるのだそう。どちらの場合も自分から言葉を発しないようにしているが、内心では何か言いたいことがある可能性が高いので、「僕でよければ話を聞くよ」と声をかけるといいらしい。「これが言えたら、オンナはオチます」と自信たっぷりだ。なぜなら女性は「言葉で言えないことに気が付いてくれた」男性を手離さないからだそうだが、ちょっと待ってほしい。唇を噛む仕草は心理学的にストレスのサインといわれているし、返答を考えるのが面倒で“悩むふり”をしているだけのときもあり、何にせよプラスの表情ではない。「うまく話せない」パターンより、「言いたくない、話したくない」ときのほうが多いのではないだろうか。おそらく話題の選択をミスっているのだ。そんなときに「僕でよければ話を聞くよ」と言われたら、それこそ「言葉で言えないことに気が付いてくれよ」という感じである。


●その2 女性が「首」や「のど」を見せる仕草

 首をかしげたり、髪をかきあげたり、顎を少し上にあげたり……という仕草。こちらも意味は二通りで、一つは「怖いと思っていない、かかってこい」というプレゼンテーション&挑発。もう一つは、自分を無意識に魅力的に見せようとする「誘いのサイン」で、「ほら、こっちを観て」「私はあなたに自分の弱点を見せているのよ」という意味らしい。こんなときに「○○ちゃん、ほんと、かわいいね」「キレイだね」褒めちぎれば、女性の気分はどんどん高まって……と、怪しい広告かのように都合のいいことが書かれているが、これも疑わしい。首やのどを見せる仕草に何の意味もなかった場合、女性は“急に褒められた”ことになる。「女は褒めると喜ぶ」と思い込んでいる男性は多いが、いきなり褒めちぎれられると気味悪く感じるし、いちいち礼を言うのも面倒だし、「褒めれば喜ぶと思ってんだろうな、私はそういう女だと思われてるんだな」と解釈して萎えることもある。褒められたときに素直にうれしいと感じる相手は、明るくさわやかで下心を感じさせない“褒め慣れキャラ”だけなのだが、そんな人はこの本を手にとらないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

男おひとりさま道 (文春文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

モテホストが教える“モテテク”は本当に使えるのか? リア充女子が診断!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。モテ水商売池内あさこの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画