>  >  > 朝日より悪質な安倍首相の「捏造」歴

アベ発のガセ情報は「海水注入中断」だけではなかった!

「ショーザフラッグ」も!朝日より悪質な安倍首相の「捏造」歴を大暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abe_01_141008.jpg
自由民主党公式サイトより


「慰安婦問題の誤報で多くの人が苦しみ、国際社会で日本の名誉が傷つけられた」
 
 朝日新聞が慰安婦問題などの一部誤報を取り消した件について、安倍首相はこんな発言を繰り返している。要は「反日朝日の捏造記事」が「日本を貶めた」と騒ぎ立てる右巻きメディアと同じ思考回路ということだろう。
 
 だが、ちょっと待ってほしい。過去に数々の「ニセ情報」を発信して政策を捩じ曲げ、「捏造」によって「日本の名誉」を傷つけてきたのは、むしろ安倍首相ご本人だったのではないか。

 誰でも知っている話だと思って放置していたが、いつまでたっても、マスコミも野党も追及しないので、改めて、その捏造歴をきちんと指摘しておこう。
 
 まずひとつめは、朝日が批判を浴びた福島第一原発事故の吉田調書で明らかになった例の“捏造”だ。

 事故からまもない2011年5月20日。当時、民主党政権下で野党の座に甘んじていた安倍は、メルマガで次のような一文を配信している。

〈福島第一原発問題で菅首相の唯一の英断と言われている「3月12日の海水注入の指示。」が、実は全くのでっち上げである事が明らかになりました。
 複数の関係者の証言によると、事実は次の通りです。
 12日19時04分に海水注入を開始。同時に官邸に報告したところ、菅総理が「俺は聞いていない!」と激怒。官邸から東電への電話で、19時25分海水注入を中断。実務者、識者の説得で20時20分注入再開。実際は、東電はマニュアル通り淡水が切れた後、海水を注入しようと考えており、実行した。
 しかし、やっと始まったばかりの海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だったのです。そしてなんと海水注入を菅総理の英断とのウソを側近は新聞・テレビにばらまいたのです。
 これが真実です。菅総理は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです〉(抜粋。誤字などは原文のママ)

 これを受け、読売新聞が翌日、5月22日付の一面トップで「首相意向で海水注入中断」「震災翌日、55分間」という見出しをつけて報道するのだが、内容は安倍のメルマガそのままだった。菅首相が現場を混乱させた張本人だったという批判が一気に盛り上がった。

 だが、吉田調書の内容が明らかになると、事実は安倍が喧伝したものとはまったくちがっていることが判明したのだ。

この記事に関する本・雑誌

情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
2 長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
3 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
4 小池百合子の本性が!韓国人学校排除
5 成宮コカイン疑惑をテレビはなぜ報道?
6 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
7 能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
10 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
11 カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
12 キムタク最大のタブーとは?
13 つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
14 長渕剛がSEALDsに希望を見た
15 小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
16 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
17 星野源が『逃げ恥』非難の声に反論
18 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
19 長渕剛と柳美里が原発に怒りの対談!
20 椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
PR
PR
1つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
2年金カット強行採決で貧困高齢者が
3安倍が年金カット法案でも強行採決
4稲田朋美が串カツ屋で一晩14万
5椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
6自民党が女性の社会進出否定する動き
7安倍首相はじめ内閣のデタラメ政治資金
8ASKA逮捕を見せ物にした警視庁
9カジノ法案の背後に安倍とセガサミー
12安倍政権と櫻井よしこがもんじゅ継続を
13カジノ法案強行でギャンブル依存症が
14維新が政党交付金の返還逃れ1億円!
15長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
16長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
17能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
18カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
19つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
20小池百合子の本性が!韓国人学校排除
PR
PR

カテゴリ別ランキング