大物芸能人との熱愛でグラビアアイドルが引退に追い込まれるのはなぜか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hey!say!takagi_01_141001.jpg
Hey! Say! JUMPの高木雄也に熱愛が発覚&破局、お相手のグラドルは芸能界引退……なぜ?

 芸能人の熱愛や不倫報道の中で、男性が大物タレント、女性が無名のグラビアアイドルというのは、昔からよくあるパターン。ところが、最近、そのパターンのスキャンダルにちょっとした異変が起きている。報道のされ方が変わったわけではない。報道後、女性のほうが芸能界を引退するケースが相次いでいるのだ。

「フライデー」(講談社)10月3日号が報じたHey! Say! JUMP高木雄也とグラビアアイドル原愛実の熱愛もそうだった。高木と原は既に1年ほどの付き合いで、合鍵を渡す関係であり、一緒に事務所の車で高木のマンションにまで送迎するなど事務所もその関係を認識していた。

 しかし熱愛報道が出るやいなや、高木と原は破局を余儀なくされたばかりか、グラドルだった原は芸能界を引退してしまった。

「原は『フライデー』発売の前日、突然ブログを閉鎖し、芸能界も引退してしまった。事務所はマスコミに対し、『そもそも熱愛報道以前の9月頭に、原との契約は切れていたので高木の件とは無関係』と説明しています」(週刊誌記者) 

 しかし、それを信じる記者などいないだろう。

 同じく今年6月に「フライデー」6月27日号が報じたダウンタウン浜田雅功とグラビアアイドル吉川麻衣子の不倫も同様だった。この一件は「フライデー」報道直後に浜田が「羽を伸ばし過ぎ、その羽は、家族にへし折られました。家族にこの様な思いをさせまいと猛省しております」とコメントを出し、また小川菜摘も“芸人の妻”として寛容な態度を示したことでまるで家族愛のような展開になったが、しかし一方の不倫相手の愛人は、これまた芸能界引退に追い込まれている。

 吉川の事務所は「フライデー」が発売された段階で、吉川のプロフィールを消し、さらに吉川との契約は今年4月で切れていたと公表したのだ。

 ジャニーズタレントの交際相手と大物芸人の愛人が、報道後に相次いで芸能界引退──。これは、今までになかったパターンではないか。

 というのも過去において、有名芸能人と格下タレントとの交際が発覚するや、そのスキャンダル性、話題性を利用して自らを売り出そうとするケースが圧倒的に多かった。そう“売名”である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

大物芸能人との熱愛でグラビアアイドルが引退に追い込まれるのはなぜかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。圧力林グンマ裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画