日テレ桝太一アナの生物オタクぶりがスゴい! デートより蝶々が大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
masutaichi_01_140912.jpg
人気急上昇中の桝太一アナウンサー(日本テレビ『ZIP!』番組サイト「出演者」より)


 好きな男性アナウンサーランキングで、2年連続の1位を獲得している日本テレビアナウンサーの桝太一。『ZIP!』をはじめ、『全国高等学校クイズ選手権』の総合司会など、さまざまな番組で活躍しているが、実はアナウンサーとしては珍しい理系出身なのだ。しかも、テレビで「ヤドカリさん」や「ナマコさん」と生き物たちにさん付けしたり、「この子たち」と呼ぶほど愛している無類の“生物オタク”でもある。

 そんな桝の生物ヲタぶりを『理系アナ桝太一の生物部な毎日』(岩波ジュニア新書)から紹介しよう。

 子どものころからの虫好きが高じて、中高一貫の男子校時代は生物部に所属し、“キャプテン”まで務めたという桝。

 鉄道オタクでも、乗るのが好きな乗り鉄、撮影するのが好きな撮り鉄などというが、昆虫好きの間でも「トンボ屋」「甲虫屋」「ゲンゴロウ屋」など好きな虫によって「◯◯屋」という言い方をするのだそう。

 桝はチョウが好きな「チョウ屋」なのだが、チョウ屋のなかでも成虫にしか興味がないため「本物のチョウ屋」とは言えない、とよくわからない謙遜を披露している。まあ、とにかく「チョウには、どこか文学の匂いを感じていました」というほど目がないらしい。……文学の匂い? 一般人の我々からすれば、いったいどういうことなのかさっぱりわからない。

 生物部の先輩たちが書いた紀行文や調査報告書を愛読していた桝。とくに「ゼフィルス」というチョウについての文章は、「昆虫のことを扱っているとは思えないほど、いつもロマンチック」だったのだそう。宝石のように美しく愛好家の多いゼフィルスは、その通称もギリシャ神話で春の訪れをつげる西風の神「ゼピュロス」に由来している。そんなもあってか、生物部の先輩はその小さなチョウたちの存在を妖精にたとえて文章を書いていたという。チョウを妖精にたとえる高校生男子に、それを読んでうっとりする中学生男子。わかるようなわからないような……まあ、たしかに文学的といえば文学的なのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

理系アナ桝太一の 生物部な毎日 (岩波ジュニア新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日テレ桝太一アナの生物オタクぶりがスゴい! デートより蝶々が大事のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アナウンサー島原らん日本テレビの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画