中国産でなくても安心できない!? 外食チェーン店“カサ増し肉”の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kasamashi_140825.jpg
『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』(河岸宏和/東洋経済新報社)

 ハンバーグにミートボール、唐揚げといった外食の人気肉メニュー。だが、その多くは実は肉ではないのかもしれない!?

『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』(河岸宏和/東洋経済新報社)によれば、外食の多くの肉メニューには「植物性タンパク」によるカサ増し肉が使われているというのだ。

「植物性タンパク」とは、大豆や小麦などを原料としてタンパク質を抽出したもので、食品添加物ではなく「食品」だ。

「ハム・ソーセージをはじめ、数多くの食品の加工に用いられ、形状は粉末状、粒状、繊維状などさまざまです。『植物性タンパク』は肉よりも安いので、入れれば入れるほど歩留まり(生産・加工の際の原材料に対する出来上がり製品の割合)が上がり、利益も上がります。肉の重量に対して50%ほど入れることもあります。『50%も「混ぜもの」を入れたら、それは肉ではない』と思われるかもしれませんが、50%は業界では当たり前のことです」(同書より)

 ただし、50%となれば、「へにゃへにゃとした食感で肉に味もなく、妙においしくない」ものが出来上がる。

「『植物性タンパク』を大量に入れると、コストは下がるものの、味が薄まってしまいます。だから(略)『肉エキス』や『調味料(アミノ酸等)』などさまざまな添加物で味を補強するのです。あるいはソースを濃い味にするなど工夫する」。また着色料で肉らしい色に仕上げるのだという。

 こうした「混ぜもの」をめいっぱい入れた料理の代表作が、大手ファミレス・チェーン店で提供されているハンバーグだ。素人目にはその違いがわかりにくいが、ビーフ100%か混ぜもの50%か、その見分け方は、メニューを見ればわかるという。

「すぐ近くにあるサーロインステーキには『US産ビーフ』、ビーフハンバーグステーキには『オージー・ビーフ使用』と書いてあるけど、ハンバーグには何も書いていない」場合には混ぜものが使われている可能性が高いのだ。

 しかも、ハンバーグの肉は牛肉でない場合もありうるという。

「たしかにハンバーグにも牛肉が一部は使われているだろうけど、そのほかにブラジル産鶏肉、アメリカ産豚肉も混ざっているかもしれません」(同書より)

 かつて食肉加工会社勤務時代には、自分で実際に『植物性タンパク』を使って製造をしていたという著者も驚くのは、「肉の重量に対して50%」どころか100%混ぜている、ある食べ放題チェーンSのケースだ。

「つまり肉と同じ量だけ混ぜ、肉の量を2倍に見せかけているということです。ここまで混ぜ込んだものは、もはや『肉団子』とは呼べない。『大豆タンパク団子』『豆腐団子』と呼ぶべきでしょう」(同書より)

 この食べ放題チェーンSでは「成型肉はもちろん使い放題。肉団子、ハム・ソーセージなど肉製品のほとんどが『植物性タンパク』を使って」いたという。
まさに「植物性タンパク」の食べ放題状態なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中国産でなくても安心できない!? 外食チェーン店“カサ増し肉”の恐怖のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。偽装外食河内保雅の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
4 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
5 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
6 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
7 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
8 星野源が考える“新しい家族”とは
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 加計学園で設置審委員が内情暴露!
12 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
13 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
14 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
15 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
16 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
17 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
18 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
19 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
20 欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
11萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
12国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
15トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
16マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
17安倍が「文化の日」を「明治の日」に
18山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」