指原「親しみやすさのないブスって最悪」発言はコミュ力至上主義だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sashihara_01_140815.jpg
指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」より


 8月11日に発売された、HKT48指原莉乃の新書『逆転力〜ピンチを待て〜』(講談社)が、25日付のオリコン本ランキングで、新書、タレント本、自己啓発書の3部門で1位に輝いた。すでに2万部の増刷も決定しているらしく、“握手券なし”であることを考えると大ヒットといえそうだ。

 が、その内容には早速批判が巻き起こっている。現代美術家で文筆家でもある柴田英里氏が自身のTwitterで「指原莉乃『逆転力』。なんだかなあという印象の本」と述べ、本書で指原が、

《おとなしい美人には意味がないって言いましたけど、親しみやすさのないブスって最悪だと思う》

 と書いていることに対して、「美少女過多のアイドル界では個性や親しみやすさが魅力になる。という意味ならわからなくもないが、思考が悪い意味でオッサンというか、男性ホモソーシャルを内面化しすぎ。」と批判したのだ。

 ちなみに〈親しみやすさのないブスって最悪〉発言のあと、指原はこのように書いている。

《私の周りのみんなに「ブスって言わないでください!」と言ったとしたら、「ううん。別にいいけど、他に言うことないよ」と腫れ物扱いされかねないじゃないですか。でも「ブスでOKです!」と言っておけば、イジッてもらえるかもしれない。(中略)そうやって世の中に出てきたのが、指原という女です》

 アイドルなのにヘタレ。そんな部分がプロデューサー・秋元康のアンテナにひっかかり、2010年には「指原莉乃 改め さしこ」なる特別CMまで放映された指原。最近では、アンチファンによってネット上に書き込まれていた“ゲロブス”という指原の蔑称を秋元が知り、大いに気に入ったらしく、「ゲロブスいいよ」「ゲロブスっていえば指原、っていうのを定着させたい」と言い出した。秋元のセンスのなさ、致命的な下品さはいまさら言うに及ばないが、このようなおじさんたちにイジられることでフィーチャーされてきた指原が、おじさん的思考を内面化させて〈親しみやすさのないブスって最悪〉という境地に立ったことは、想像に難しくない。

 だが、これは指原に限った話ではない。男性によって語られる“理想の女性像”“最低の女性像”を、多くの女性がいつのまにか自分の考えにしてしまい、“女性たるものかくあるべし”と、男性とともに語りつづけてきたからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

指原「親しみやすさのないブスって最悪」発言はコミュ力至上主義だ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48プロデュース田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃