発掘! 辻仁成が中山美穂との結婚、バーニングの圧力を小説に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
katana_140811.jpg
『刀』(新潮社)

 中山美穂と辻仁成の離婚劇が未だに尾を引いている。7月8日に正式に離婚が成立したが、この離婚前に中山と音楽家・渋谷慶一郎の密会が報じられ、また、離婚に際しては息子の親権を辻が持つことが明らかになると、これまで中山に同情的だった世論が一気に変わってしまったからだ。

「中山の所属事務所は“芸能界のドン”こと周防郁雄氏のバーニングプロダクション傘下であるビッグアップル。今回の離婚報道も中山に優位になるようバーニングがコントロールしてきたが、いまでは頭を抱えている。当初は辻の『中性化』をマスコミにリークするなど、辻を悪者に仕立てることに成功していたが、その後の中山の暴走をコントロールできなかった。不倫に加えてマスコミに対しての悪態などもあり、最近では中山のイメージ悪化で芸能界復帰も絶望的などと見る向きさえある」(芸能記者)

 これまで本サイトでもバーニングの情報操作を何度か取り上げてきた。そもそも離婚騒動発覚もバーニングサイドのリークであり、その後の辻バッシングもしかりだ。いや、今回だけでない。中山と辻が結婚する際、それを阻止しようとしたバーニングが辻バッシングをさかんに画策したことは関係者の間では知られた話だった。しかし、これはバーニングの威光にひれ伏すマスコミにとって、まるで伝説であるかのように密かに語られ続けてきたものだ。

 だが今回、その“バーニング伝説”を裏付ける物証を発見した。それは、当事者である辻自身が書いた小説『刀』(新潮社)である。これが書かれたのは、中山との結婚から2年後の2004年。今や絶版となり入手も困難となっている『刀』だが、そこには結婚前の中山と辻に対する驚くべきバーニングの妨害工作、介入が描かれていたのだ。

『刀』は、1959年生まれの主人公の“トオル”の幼少期、青年期、そして小説家として成功するまでを丹念に描いた“愛”と“葛藤”の物語だ。だが、作品の中で描かれる主人公のトオルは、辻そのもの。生まれた年や場所も作者の辻とピタリと符合し、他にも父親の仕事の関係で各地を点々としたこと、大学時代にミュージシャンとなり、その後小説家として芥川賞を受賞、有名人との交際や、2度の離婚と3度の結婚を繰り返すとするなど、そこに描かれているのはまさに辻自身だ。『刀』は辻の半生を描いた“私小説”なのだ。

 この私小説に中山美穂が登場するのは、前妻・南果歩(作中では千恵子)との離婚後。トオルの小説に映画化とその監督就任の話が持ち上がり、主役に岸ナナの名が挙がっていた。このナナこそ、中山がモデルと思われる女優である。この時点で2人はまだ出会っていないが、映画化に際して制作会社が慎重になるほど、ナナの所属事務所が“芸能界で最大勢力を誇っている”ことは知っていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能人はなぜ干されるのか?

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

発掘! 辻仁成が中山美穂との結婚、バーニングの圧力を小説に!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
2 東京五輪買収は決定的と海外で報道
3 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
4 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 不倫女性が告白する本音と日常とは?
7 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
8 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
9 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
10 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
11 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
12 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
13 安室奈美恵事務所社長と暴力団
14 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
15 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
18 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
8Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
9青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12東京五輪買収は決定的と海外で報道
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が
20安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」