ジャニーズから乙女ゲーまで! どこか痛めてる“痛メン”が大人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kubiitame_01_140729.jpg
綾野剛も痛そう……(画像はマガジンハウス「an・an」2013年2月20日号より)

 最近、雑誌ではジャニーズや若手イケメン俳優たちが首の辺りに手を添えている写真を見かけることが多くないだろうか。あの写真、もう一度よーく見てみてほしい。なんだか、首を痛めているようにも見えないか? 以前、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)でも「最近のイケメンが決まってあるポーズをとる件」と題してこの「首痛めてるポーズ」が紹介されていたが、実はこのポーズ、乙女ゲームなどの2次元でも大流行中。
 
 彼らのように、どこか痛めていたり、痛めているように見える男子は“痛メン”と呼ばれている。これまでもイケメン、オトメン、エロメン……と、さまざまな○○メンたちが話題になってきたが、今もっとも熱いのが“痛メン”なのだ。

 さらに、そんな“痛メン”ばかりが登場するコミック『MANSHIN荘シークレットサービス アンソロジー』(原作・創作工房/KADOKAWA エンターブレイン)まで発売された。この作品は、もともとドラマCDとして発売され人気を集めていたもの。満身荘と呼ばれるマンションで暮らす住人たちが、MS3(満身荘シークレットサービス)として依頼された多種多様な任務に立ち向かうというストーリーで、登場人物が頭痛、腰痛、肩こり、むち打ち、骨折、虫歯、ものもらい&花粉症、貧血持ちといったように、ガチで身体を痛めている“痛メン”のオンパレードなのだ。

 たとえば、むち打ちで右が向けず、まさしく「首痛めてる系イケメン」なのが、ツンデレ大学生の首藤暁斗。御曹司ということもあって大学では王子様扱いされており、右の首筋に手を当てるポーズもさまになる。ただ、後ろから肩を叩き、振り向いた相手の頬に指をぷにゅっとするいたずらにひっかかってしまうおっちょこちょいな面や、動揺するとヘドバンするという謎の癖もあり、ケガのせいだけでなく放っておけない感はハンパない。

五頭・PAIN・護(自称)は、IT関係の会社に勤める24歳。彼は心配性で神経質なため、ストレスで頭痛が止まらないらしい。額の辺りを指で押さえるポーズだけ見ると、「ミステリアスなイケメン!」と思うかもしれないが、自分のことを「ペインと呼べ」と言ったり、「リア充爆発しろ」が口癖で、伯爵風マントを買いたがるなど残念な一面も。どうやら、彼の場合は違う意味でもだいぶ頭を痛めているようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

MANSHIN荘シークレットサービス アンソロジー (B's-LOG COMICS)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ジャニーズから乙女ゲーまで! どこか痛めてる“痛メン”が大人気のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。◯◯メンむち打ち痛メンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画