AKBやももクロはもう古い、今一番アツいハロプロ研修生とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
helloprokenshuu_01_140724.jpg
画像は「ハロプロ研修生オフィシャルファンクラブページ」より


 現在、コアなアイドルファンの間で、もっとも熱いといわれているアイドル──。それは、AKB48でも、ももクロでもなく、ハロプロ研修生だという。

 ハロプロ研修生とは、モーニング娘。'14やBerryz工房らが所属するハロー!プロジェクトの研修生のこと。小学6年生から高校2年生の29人が所属し、モーニング娘。への加入や新ユニットでのメジャーデビューを夢見て、歌やダンスのレッスンを重ねている。

 とはいえ、単なるアイドルの卵と思ったら大間違いだ。ハイレベルなパフォーマンスで知られるハロプロのデビュー予備軍ということで、歌もダンスもかなりのもので、定期的に行われている発表会『生タマゴShow!』のチケットは、売り切れ続出の大人気となっている。

 5月には、2013年に続いて2度目となる『ハロプロ研修生 発表会2014 〜春の公開実力診断テスト〜』が中野サンプラザで開催された。研修生全員が1年間のレッスンの成果を発表するべく、ソロでパフォーマンスを披露するというイベントで、2000枚以上のチケットはもちろんソールドアウト。ファン投票で決まる「ベストパフォーマンス賞」には、広島県出身の中学1年生・段原瑠々が輝いた。

 BS日テレではハロプロ研修生のレギュラー番組『〜おねだりエンタメ!〜はぴ★ぷれ』が放送中。さらに、今年3月にはハロプロ研修生の主演ミュージカル『演劇女子部 「僕たち可憐な少年合唱団」』も上演された。ほかにも、グラビア誌『UTB』ではほぼ毎号、研修生のみのグラビアが掲載されるなど、もはや“研修生”と呼ぶには本格的すぎる活動をしているのだ。ハロプロに詳しいアイドルライターはこう話す。

「ハロプロ研修生には、今すぐにでもメジャーデビューできる逸材がごろごろいます。アイドルグループの研修組織は数多くありますが、ハロプロ研修生が間違いなくNo.1。特に、研修生のメンバーを中心に結成されたJuice=Juiceがデビューしてからは、そのパフォーマンスがどんどん進化しています。歌もダンスもルックスもハイレベルなので、ハロプロファンの間では“この研修生たちがいれば、向こう10年戦える”なんていわれてますよ。さすがは老舗ハロプロ、まさにエリートアイドル養成所といった感じですね」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

HELLO! PROJECT COMPLETE SINGLE BOOK ~ハロー! プロジェクトの全シングルを完全掲載した決定版~ (CDジャーナルムック)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AKBやももクロはもう古い、今一番アツいハロプロ研修生とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ハロープロジェクト研修の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画