ヤクザから学ぶ、要求を通すための正しい「怒り方」のテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yakuzashiki_01_140717.jpg
『ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」』(光文社)

 ストレス社会といわれる現代、日々怒りを感じて生きている人は多いのではないだろうか。友だち、上司や部下、ご近所にママ友、家族──怒りの対象は数限りない。もちろん我慢しようとは思うが、時にはどうしても爆発してしまう。しかし、大抵の場合、いいたいことは伝わらず、自分でもわけがわからくなって、人間関係が壊れるだけだ。

 では、自分の不満をきちんと伝え、要求をとおす怒り方、つまり「正しく怒る」にはどうしたらいいのだろう。

 そんなときは、そのスジのひとたち、つまり、ヤクザを見習ってみてはどうだろうか。イリーガルな存在であるヤクザのまねをするなんて、と抵抗があるかもしれない。しかし、『ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」』(向谷匡史/光文社新書)によれば、ヤクザの怒り方がもっとも「手っ取り早く現実的」らしい。

 同書の著者はヤクザ関係の取材が豊富な元週刊誌記者だが、ヤクザは怒りを熟知している究極のプロであり「一般市民は〈怒り〉を感情で処理する」のに対し「ヤクザは理性に落とし込み」、〈怒り〉によって最大限の効果と利益をあげるのだという。

 なるほど。妙な説得力のある理屈だが、では、そんなヤクザの怒りのテクニックとはいったいどんなものなのか、同書から紹介すると──。

 まず、ネチネチくどい相手に反撃する場合、“信用”という言葉がキーになる。ヤクザ社会は信用が一番。だからくどい相手には「わしが信用でけへんのか!」と居直り、逆に相手に「悪かった」と言わせてしまう。これは会社でも通用するという。上司や部下に頭にきたときに、低い怒りのトーンでたんかを切るといいらしい。「課長、私のことが信じられないんですか?」と課長に切り返せば、「信用しないというわけではない」とトーンダウンする。もし信用していないなどといえば、リーダーとしての適正を疑われる。だから部下に歩み寄らざるを得ないのだ。

 次は正論を主張する人への対処方法。ヤクザの抗争で、幹部たちが話し合いをした。「殺っちまいましょう」とエエカッコしいの一人の幹部が声高に主張した。しかし他の幹部は抗争など避けたいが、建前上、そうはいえない。その場合は「ウチからも“兵隊”を預けるぜ」と、賛成や反対を表明せずに責任を丸投げしてしまうのだという。実際、こういわれたカッコつけ幹部はビビって逃げ腰になったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヤクザ式 相手を制す最強の「怒り方」 (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ヤクザから学ぶ、要求を通すための正しい「怒り方」のテクニックのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。クレーム暴力団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画