AKB48の新曲「Teacher Teacher」が“スクールセクハラ正当化”と批判の声! 秋元康の女性蔑視思想が今回も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akimoto_01_20180417.png
またしても秋元氏の作詞が…(AKB48公式ホームページより)

 今月7日放送『CDTV祝25周年SP』(TBS)で初披露されたAKB48のニューシングル「Teacher Teacher」。6月に開票イベントが行われる「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」の投票権が付いたシングルで、九割九分九厘、2018年で最も売れたCDシングルになる楽曲だが、この曲の歌詞が「スクールセクハラを正当化している」として批判の声があがっている。

 この曲の主人公は中学か高校に通っている女の子。「大声ダイヤモンド」での大ブレイク以降、AKB48のシングル表題曲の歌詞では一人称が「僕」で男性視点であることが圧倒的に多く、これは珍しいパターンである。

「Teacher Teacher」は、その女の子が〈学校じゃ気づいていなかった/街で会って はっとしてしまった/男性だって 今さら思い出した/イケてるんじゃない?〉としながら、街で偶然出会った教師に性的な魅力を見出すところから始まる。

 そしてBメロでは〈声掛けようか迷って/溢れそうなカフェラテ/運命とは奥の手 話を聞かせて/誰かに見られて噂されても 私は平気〉と歌われ、少女が男性教師との恋愛に積極的であるという状況が明示された後、サビではこんなにはっきりと少女側からの誘惑が描かれる。

〈Teacher Teacherなぜ逃げ腰で/Teacher Teacherなぜ微笑むのかしら?/ Teacher Teacherなぜ私とは/Teacher Teacherなぜこんな距離を置くの?/Teacher Teacherなぜ教え子は/Teacher Teacherなぜ恋愛対象外?/Teacher Teacherなぜプライベートは/Teacher Teacherなぜよそよそしい/いつもと違う今日の先生〉

 二番では〈いつも教えてもらってるけれど/愛について教えてあげるわ/さあ もっともっと楽しい時間/ここからは全てを任せてお願いTeacher〉と歌われ、恋愛どころか、セックスを暗示させるような歌詞すら並んでいる。

 これに対し女子高生サポートセンターColabo代表の仁藤夢乃氏はこうツイートし、このような歌詞が全国放送の音楽番組で歌われている状況に疑問を呈した。

〈AKBの新曲Teacher Teacher「なぜ教え子は恋愛対象外?/いつもと違う今日の先生」とか、びっくりして歌詞をはっきり覚えていないけど、生徒が先生を誘うような歌詞に合わせ、腰を振り性的にアピールするような踊り。これをおじさんたちが作り10代の子たちに歌わせ踊らせていることが問題にならない日本〉
〈教師による性虐待やスクールセクハラが溢れる社会の中で、それを正当化するような曲に聞こえる。被害者たちへのセカンドレイプにもなると思う。そして、教師や大人に性的に見られることは喜ばしいことなのだと女の子たちに認識させ内面化させるような曲にも思える〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AKB48の新曲「Teacher Teacher」が“スクールセクハラ正当化”と批判の声! 秋元康の女性蔑視思想が今回も…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48Teacher Teacher仁藤夢乃秋元康編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも