佐川氏の異常な強気答弁は安倍首相からの指令だった!「もっと強気で行け。PMより」との伝言メモを首相秘書官が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
佐川氏の異常な強気答弁は安倍首相からの指令だった!「もっと強気で行け。PMより」との伝言メモを首相秘書官がの画像1
自由民主党HPより

 ついにモリとカケが一緒にやってきた──。10日の朝日新聞が、国家戦略特区に申請する約2カ月前にあたる2015年4月2日、加計学園幹部や愛媛県、今治市職員らを官邸に招き、加計学園獣医学部新設計画を「首相案件」と当時の柳瀬唯夫首相秘書官が述べていたとする官邸面会記録をスッパ抜いた件だ。

 中村時広・愛媛県知事が文書の存在を認めた10日夕方には、朝日新聞も「首相案件」文書の全文を公開。文書には、安倍首相が加計孝太郎理事長と会食の席で獣医学部新設について相談していたとする記述もあり、安倍首相の国会での虚偽答弁も決定的になった。

 それでも、安倍首相はきのうの集中審議で「愛媛県が作成した文書についてはコメントを控えたい」と逃げつつ、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の「首相案件」などの発言を「あり得ない」などと強弁していた。

 しかしここに来て、読売新聞の取材に対し、柳瀬氏との面会について出席者の一人が「間違いない」と証言、「首相案件」との言葉があったことも認めたとの報道も出た。安倍首相がどんなに嘘を強弁しようとも、もはやごまかしようがない。

 さらに森友問題では、財務省理財局職員が嘘の口裏合わせを森友の弁護士に求めていたことだけではなく、佐川宣寿・前理財局長が籠池泰典理事長に身を隠すように部下へ指示していたことも発覚。先日おこなわれた証人喚問で佐川氏はこの件を「まったくそういうことをしておりません」とはっきり否定しており、これで佐川氏の証言がいかに信憑性のないものかが明確になった。
 
 このように大きな問題が次々に明らかになるという目白押し状態のなか、ネット上で話題となっている記事がある。それは、10日発売の「文藝春秋」5月号に掲載された、「佐川氏に渡された「総理のメモ」」という記事だ。

 この記事を執筆しているのは「グループMOF研」。そのペンネームからも財務省のベテラン担当記者が書いた記事と思われ、幹部から聞き出された財務省の内情が事細かにレポートされている。だが、なかでも注目されているのは、記事タイトルにもなっている「総理メモ」の存在だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

佐川氏の異常な強気答弁は安倍首相からの指令だった!「もっと強気で行け。PMより」との伝言メモを首相秘書官がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佐川宣寿加計学園安倍晋三文藝春秋森友学園編集部西田昌司週刊ポストの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも