羽生結弦選手の国民栄誉賞にマツコ・デラックスが「安倍さんのスポーツの政治利用は度を過ぎてる」と批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsuko_-1_20180306.png
『バイキング』で安倍首相の政治利用を指摘するマツコ・デラックス


 平昌オリンピックで二連覇を果たし、国民栄誉賞が授与されると報じられているフィギュアスケートの羽生結弦選手。本サイトでは先日、この国民栄誉賞授与の動きが安倍政権の政治利用だと批判したが、あのマツコ・デラックスも同様の批判を口にした。

 発言があったのは5日放送の『バイキング』(フジテレビ)でのこと。特別ゲストとして同番組に出演したマツコはまず、安倍首相による国民栄誉賞の乱発が賞の価値を下げているのではと指摘した。

「羽生君がもらう、もらわないのとは、まったく関係ない話よ。それはおめでたい話だけど、私が若かった頃に比べると、ちょっと国民栄誉賞の価値は下がったかなっていうのは、すごく感じる。だって、美空ひばりさんだって、お亡くなりになってからじゃないともらえなかったんだよ? それを、こんなに連発してしまって。とくに安倍さんは大好きだから、あげるの。ちょっと価値を下げちゃってない? 羽生君だから、伊調(馨)さんだからとか言ってるんじゃないよ。数が多すぎやしませんかっていうのは、前々から思っておりました」

 たしかに、羽生選手に国民栄誉賞が授与されることになれば、第二次安倍政権発足以来、7人目。歴代の27人の受賞者のうち実に7人が安倍政権下での受賞ということになり、明らかに突出している。

 安倍政権における国民栄誉賞授与の基準もあいまいだ。オリンピック連覇を成し遂げたアスリートは他にも数多くいるが、オリンピック選手で国民栄誉賞を受賞したのは、女子レスリング3連覇の吉田沙保里選手、4連覇の伊調馨選手だけ。2種目2連覇した水泳の北島康介選手や、同じく2連覇した体操の内村航平選手は受賞しておらず、柔道の野村忠宏選手にいたっては3連覇にも関わらず国民栄誉賞を受賞していない。

 マツコはその背景に、安倍首相による「スポーツの政治利用」を見る。マツコは、羽生選手やスピードスケートの小平奈緒選手が金メダルを獲った直後、安倍首相がカメラを入れたうえで祝福の電話を入れた一連の出来事を指摘しながらこのように語った。

「今回、メダル獲った後の電話を、安倍さんのところにもカメラが入って、っていうのが何回かあったじゃない? あまりにも嬉しくて、思わず『ちょっと“おめでとう”言いたいから電話してくれ』って言ってならいいと思うんだけど、カメラ入ってるってことは、もう、『金を獲ったときには中継つなぐぞ』なわけじゃん? それはちょっと国民栄誉賞だけじゃなくて、スポーツの政治利用が過ぎてはないかなというのは感じるよね」

 実際、この国民栄誉賞の授与は、単なる国民に対する「人気取り」ではない。完全な政治利用である。しかも、自身の「スキャンダル隠し」に使うという、選手の功績や努力を一顧だにしない悪質なものだ。

 本サイトでは、その内実を解説した記事を配信したことがあるので、ここに再録する。国民的人気を誇る金メダリストをこんな理由で私物化されることが許されるわけがない。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

羽生結弦選手の国民栄誉賞にマツコ・デラックスが「安倍さんのスポーツの政治利用は度を過ぎてる」と批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
2 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
3 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
4 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 高プロ法案の強行採決を許すな!
8 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
9 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
10 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
11 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
12 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
17 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?