安倍首相の“トランプ接待”が欧米メディアで嘲笑のネタに! コルベアも「アベがトランプにBFFメッセージ」と皮肉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「2度のゴルフは好きなやつとしか」発言を下ネタにしたコルベア

 その後もコルベアは止まらない。赤坂の迎賓館で安倍首相とトランプが鯉に餌をやっている場面にかぶせて、「鯉の餌やりというのは日本の伝統的な茶道のようなもので、その作法は瞑想的な……」などと文化背景を解説してみせるのだが、周知のとおり映像では肝心の日本首相が升をひっくり返して餌をドバー。続けてトランプもドバー。

 さらに、例の“ゴルフ外交”のあと安倍首相が、アイゼンハワーの言葉をもじって「さらに2度もゴルフをするのはよほど好きなやつとしかできない」とおもねったのを紹介して、こんなことまで言って爆笑を誘ったのだ。

「Alright, Shinzo, leave a few of the strokes on the golf course.」

 実はこれ、ダブルミーニングを使った極めて痛烈なジョーク。というのも、ゴルフのストロークはクラブを握って降る動作のことだが、英語のstrokeは撫でたりしごいたりする、すなわち卑猥な行為の意味もある。ひっきょう意訳すれば「シンゾーは昼にトランプとゴルフしたけれど、夜はまだまだ“握り足りない”みたいですね」というふうな揶揄なのだ。

 こうしたアメリカンジョークがお笑いとして面白いかどうかは別にして、欧米の報道やニュースショーを見てわかるのは、安倍首相のトランプに対するおもねりの言動が、普通の市民感覚で滑稽きわまりないという事実だ。実際、『ザ・レイト・ショー』でも、コルベアが何か突っ込む前に、安倍首相の言動が普通に紹介された時点で、スタジオでは、笑い声が起こっていた。

 翻って、日本のマスコミはどうだろう。安倍首相の失態はほとんど報道されず、みっともないやりとりもまったく批判されなかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍首相の“トランプ接待”が欧米メディアで嘲笑のネタに! コルベアも「アベがトランプにBFFメッセージ」と皮肉のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
2 ホテルに潜伏、佐川国税庁長官の卑怯
3 三浦瑠麗“大震災時に迫撃砲”もフェイク
4 綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
5 羽生の金に安倍首相がさっそく便乗
6 安倍政権の裁量労働制データ捏造が確定
7 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
8 平昌では高梨沙羅が…五輪選手バッシングの異常!
9 産経が菅官房長官発言を捏造
10 FLASHが15年前に山口敬之の披露宴
11 裁量労働制データはミスじゃなく捏造!
12 下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
13 三浦瑠麗が公安も失笑のフェイク拡散
14 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
15 小泉今日子がマスコミ報道に違和感表明
16 羽生結弦がマスコミとアンチに苦言
17 羽生結弦が日本会議に政治利用される
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 眞子内親王の婚約者バッシングの裏
20 イノッチが『あさイチ』舞台裏で激怒!
1綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
2安倍政権が裁量労働制を最低賃金労働者に適用!
3降板表明『あさイチ』で有働とイノッチが
5安倍首相が朝日新聞めぐる答弁で大嘘!
6子供?安倍がFacebookで朝日攻撃
8FLASHが15年前に山口敬之の披露宴
9下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
10財務省が森友記録300ページ!佐川は
11自衛隊ヘリ墜落を小野寺防衛相が「着陸」
12 羽生の金に安倍首相がさっそく便乗
13産経が菅官房長官発言を捏造
14下町ボブスレー補助金に安倍が介入か
15ホテルに潜伏、佐川国税庁長官の卑怯
16「組み体操」強制の教師が認識不足露呈
17裁量労働制データはミスじゃなく捏造!
18NHKの国会中継の恣意的編集が酷い
19平昌とは真逆、東京五輪の演出家がひどい

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」