日野皓正ビンタ事件で、中学生が非難され日野の体罰が支持される異常! 教育的にもジャズ的にも日野がおかしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hino_top.jpg
日野皓正『ニューヨーク・タイムズ』(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

 先日よりワイドショーを騒がせ続けているジャズミュージシャンの日野皓正による暴行騒動。すでに報道されているとおり、日野は2005年より世田谷区教育委員会が主催する体験学習で講師として区内の中学生らを4カ月間にわたって指導してきたが、8月20日におこなわれた発表会「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」で、ドラムソロを長くとった少年に対し激高した日野が、少年の髪を掴んで揺すった挙げ句、往復ビンタを食らわせた事件だ。

 どんな理由があれ、大人が中学生の少年に対して暴力を振るうなど言語道断。しかし、驚いたことに、ネット上では「指示に従わなかった中学生が悪いよね」「言って分からなければビンタ位はあり」などと日野を擁護する意見が溢れた。

 しかも、それはテレビにおいても同じだった。

 たとえば、8月31日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)では、梅沢富美男が「人前で日野さんが叩くなんて、おかしいじゃないですか。僕だってやりませんよ。よっぽどだと思います」「見ればわかりますよ。スティックとられてもまだ叩いてるんだから。それは舐めてますよ」と中学生の少年を非難。

 また、9月3日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)では、バカリズムが「あれ、何で止めればよかったのかなって」「たとえばハリセンとかならショーになるじゃないですか。でも、それで止めるとは思えないし」と、“あの状況ではやむなし”と肯定。「同じバンドメンバーだったとしたら、先生が止めなかったら、裏で殴ったかもしれない」と話した。

 同じバンドのメンバーが楽屋で喧嘩になるのと、指導者の大人が、よりにもよって舞台上で少年に暴力をふるうのとではまったく意味が違うが、そんななかでも、もっとも強く体罰について語ったのは、松本人志だった。

 松本はこの『ワイドナショー』で、“日野に叩かれたことによって少年が反省しているのなら指導として正しかった”と述べ、さらには“自分たちの世代は体罰を受けたが、なぜいまは体罰はありえなくなってしまったのか”と、体罰がいけないという社会の考え方そのものに疑義を呈しはじめた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日野皓正ビンタ事件で、中学生が非難され日野の体罰が支持される異常! 教育的にもジャズ的にも日野がおかしいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャズミヤネ屋体罰教育日野皓正編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画