やっぱり! 秋元康は欅坂46襲撃事件も須藤凜々花の結婚発言も知らんぷり! 一方で30億円の豪邸を建設する強欲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akimotoyasushi_01_160423.jpg
AKB48公式サイト「秋元康プロフィール」より


 先月24日、幕張メッセで行われた欅坂46の全国握手会にて、発煙筒を燃やした男が確保され、果物ナイフを所持していたことから銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された件はいまでも議論を呼んでいる。

 取り調べのなかで男は「刺して殺そうと思った」と供述しているうえ、忘れ物を装って荷物検査を突破する巧妙な手口も明らかになった。ケガ人などは出なかったからよかったものの、これは、警備体制などはもちろん、握手会ビジネスそのものについて再考すべき重大な事件である。だが、翌25日も欅坂46の個別握手会は幕張メッセで予定通り行われ、これにはファンからも疑問の声が多く出された(同会場で予定されていた、乃木坂46全国握手会およびAKB48個別握手会も予定通り行われた)。今月9日にパシフィコ横浜で予定されている欅坂46個別握手会もスケジュール通り行われるという。

 事件から1週間近くが経ったが、いまも、プロデューサーである秋元康氏はなんのコメントも出していない。人命が危ぶまれるような事態であり、本来であれば、トップの権限で握手会スケジュールを止めてしかるべき事態だとも思うが、そういった対応をしていないのはもちろん、いま現在でも沈黙を貫き通している。

 また、秋元康氏関連グループをめぐる騒動といえば、先月17日に行われたAKB48選抜総選挙の壇上でなされた、NMB48の須藤凜々花の結婚スピーチも記憶に新しい。

 この件は想像以上の反響を巻き起こし、ワイドショーでも翌週の中盤あたりまで大きく取り扱われ続けるなど大炎上となったわけだが、先月25日付読売新聞に掲載された彼の連載コラム「1分後の昔話」ではこのようなコメントを出していた。

〈僕は彼女とまだ直接、話せていないので詳しくはわからないが、彼女なりの苦渋の選択だったと思う。須藤凜々花は正直な人だ。何事もなく、「応援、ありがとうございました」というスピーチで終われば、こんなに叩かれることもなかっただろう。それでも、彼女は、いち早く、今の本当の気持ちを伝えたかったのだと思う。笑顔で自分のうそを隠せない彼女のジレンマを感じた。「だったら、辞退すべきだったのでは?」という声も聞こえるが、そうなったのがいつなのかにもよるし、彼女なりにずっと悩んで、あの場に立ったのかと思うと切ない。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

やっぱり! 秋元康は欅坂46襲撃事件も須藤凜々花の結婚発言も知らんぷり! 一方で30億円の豪邸を建設する強欲のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NMB48欅坂46秋元康編集部須藤凜々花の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
3 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
4 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
5 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
6 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
9 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 愛川欽也が「安倍に殺される」と
16 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
17 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
18 東京五輪ボランティアがブラックすぎ
19 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ