『文豪とアルケミスト』ファンが「赤旗」紹介記事に「小林多喜二を政治利用するな」! 君たち、多喜二のこと知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 わざわざ書き記す必要もないと思うが、小林多喜二という作家は『蟹工船』や『党生活者』などの著作で知られるプロレタリア文学の作家。作品を通じて権力者の横暴や抑圧を告発したというだけでなく、当時は非合法であった日本共産党に入党し、地下活動も展開。そして、特高警察に逮捕され、拷問の果てに29歳の若さで殺された人物だ。言うまでなく、小林多喜二という作家と政治性は切り離しようがない。彼の作品群はその政治思想と活動のなかから生み出されたものであり、その政治性は、どう考えても作品群、そして多喜二自身のコアの部分だ。そこを取り上げたから「政治利用だ」などというのは、逆に小林多喜二という作家を愚弄する言動だろう。

「フジロックに政治をもちこむな」と同じく、真面目に反論するのもアホらしくなるような炎上騒動だが、この話はまだここでは終わらない。

 この炎上騒動で「しんぶん赤旗」の記事のなかで小林多喜二の生き方についてコメントを寄せ、記事に『文豪とアルケミスト』小林多喜二のイラストをもととした二次創作の絵を提供した人物もネットで攻撃を受けて、謝罪に追い込まれたのだが、その人物が、ツイッター上の釈明の中でこんな話を書き込んでいた。記事作成にあたり、『文豪とアルケミスト』の配信元であるDMMから「しんぶん赤旗」に対し、掲載NGが出ていたというのである。

〈取材終了後にゲーム公式の方へ記事掲載の許可を求めたところ、政治色の強い媒体へのゲーム・名称・個人のイラスト等の掲載はいかなる場合も許諾しないとの返信がありました。〉
〈改めてその法的根拠の提示を求めましたが期限までに回答が無かったため、個人への取材を報じることは報道という立場に則り法的に問題は無いと判断し、掲載されたようです。〉

 おそらく「しんぶん赤旗」側は、DMMとコンタクトを取ることにより、本家のイラストの使用許諾をもらい、さらに可能なら、小林多喜二という作家をゲームキャラクターに取り上げたこと、およびその反響についてDMMからコメントをもらおうとしたのだと思われるが、DMMはそれを拒否した。結果的に、「しんぶん赤旗」は、ゲームの名前を伏せ(報道である以上、固有名詞ぐらい出しても問題ないように思うが)、二次創作の絵のみを使ういささか歪な記事となったわけだ。

 政治性云々の話とはまた別の話になるが、自分たちの意に沿うメディアにしか素材を貸さず特集もさせない、批評も許さないという昨今の風潮には疑問を感じる(しかも、取材NGならまだしも、報道記事に関して掲載NGを出す権利はない)。さらに今回のケースの場合、DMMが主張する「政治色の強い媒体へのゲーム・名称・個人のイラスト等の掲載はいかなる場合も許諾しない」という主張は筋が通らない。というのも、DMMは現在、靖国神社が関わるイベントと『刀剣乱舞』をコラボさせ問題となっているからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『文豪とアルケミスト』ファンが「赤旗」紹介記事に「小林多喜二を政治利用するな」! 君たち、多喜二のこと知ってる?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。宮島みつや赤旗の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
2 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
3 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
4 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
7 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
8 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
9 政権が原発被害隠しにDASH村利用
10 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
11 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
12 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
13 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
14 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
15 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
16 今年も紅白はジャニーズが私物化
17 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
18 27時間からさんま&中居が消えた理由
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
1国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
2加計学園で設置審委員が内情暴露!
3直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5テレビが封印した安倍とトランプの映像
6義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
7萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
8欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
9安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
10鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
11内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
12マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
13沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
14安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
15山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
16安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
17「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
19JASRACが坂本龍一を騙しうち!
20『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」