『文豪とアルケミスト』ファンが「赤旗」紹介記事に「小林多喜二を政治利用するな」! 君たち、多喜二のこと知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 わざわざ書き記す必要もないと思うが、小林多喜二という作家は『蟹工船』や『党生活者』などの著作で知られるプロレタリア文学の作家。作品を通じて権力者の横暴や抑圧を告発したというだけでなく、当時は非合法であった日本共産党に入党し、地下活動も展開。そして、特高警察に逮捕され、拷問の果てに29歳の若さで殺された人物だ。言うまでなく、小林多喜二という作家と政治性は切り離しようがない。彼の作品群はその政治思想と活動のなかから生み出されたものであり、その政治性は、どう考えても作品群、そして多喜二自身のコアの部分だ。そこを取り上げたから「政治利用だ」などというのは、逆に小林多喜二という作家を愚弄する言動だろう。

「フジロックに政治をもちこむな」と同じく、真面目に反論するのもアホらしくなるような炎上騒動だが、この話はまだここでは終わらない。

 この炎上騒動で「しんぶん赤旗」の記事のなかで小林多喜二の生き方についてコメントを寄せ、記事に『文豪とアルケミスト』小林多喜二のイラストをもととした二次創作の絵を提供した人物もネットで攻撃を受けて、謝罪に追い込まれたのだが、その人物が、ツイッター上の釈明の中でこんな話を書き込んでいた。記事作成にあたり、『文豪とアルケミスト』の配信元であるDMMから「しんぶん赤旗」に対し、掲載NGが出ていたというのである。

〈取材終了後にゲーム公式の方へ記事掲載の許可を求めたところ、政治色の強い媒体へのゲーム・名称・個人のイラスト等の掲載はいかなる場合も許諾しないとの返信がありました。〉
〈改めてその法的根拠の提示を求めましたが期限までに回答が無かったため、個人への取材を報じることは報道という立場に則り法的に問題は無いと判断し、掲載されたようです。〉

 おそらく「しんぶん赤旗」側は、DMMとコンタクトを取ることにより、本家のイラストの使用許諾をもらい、さらに可能なら、小林多喜二という作家をゲームキャラクターに取り上げたこと、およびその反響についてDMMからコメントをもらおうとしたのだと思われるが、DMMはそれを拒否した。結果的に、「しんぶん赤旗」は、ゲームの名前を伏せ(報道である以上、固有名詞ぐらい出しても問題ないように思うが)、二次創作の絵のみを使ういささか歪な記事となったわけだ。

 政治性云々の話とはまた別の話になるが、自分たちの意に沿うメディアにしか素材を貸さず特集もさせない、批評も許さないという昨今の風潮には疑問を感じる(しかも、取材NGならまだしも、報道記事に関して掲載NGを出す権利はない)。さらに今回のケースの場合、DMMが主張する「政治色の強い媒体へのゲーム・名称・個人のイラスト等の掲載はいかなる場合も許諾しない」という主張は筋が通らない。というのも、DMMは現在、靖国神社が関わるイベントと『刀剣乱舞』をコラボさせ問題となっているからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『文豪とアルケミスト』ファンが「赤旗」紹介記事に「小林多喜二を政治利用するな」! 君たち、多喜二のこと知ってる?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。宮島みつや赤旗の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画