「2年前も会ってる」「尻尾切りするな」森友・籠池理事長がYouTube動画で安倍首相や稲田防衛相らに反撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 めまいすら覚えるが、籠池氏の暴言はまだまだ止まらない。塚本幼稚園を退園した元保護者について、またぞろ「為にするために入ってこられた方やと思います。なにか、撹乱を起こすために」などと陰謀論を開陳したかと思いきや、「たまたまその人たちが韓国人であったり、支那の人たちであったり、それに関係する人たちだったから、私はそのようにブログのように書き上げました」とHPに掲載した例のヘイト文書について完全に開き直りを見せた。

 さらに、「日本人がヘイトはしない!」と大見得を切ったその直後、日本へ帰化した人たちに対するヘイトスピーチを展開。「お国へ帰っていかれたらいい」とがなりたてた。

「でも日本人になってるんでしょ? 日本人になってるんだったら、日本の風土、気風に沿って生きていってもらわないかんのです。それだったら、もともとの向こうのお国に帰っていかれたらいいんです。あたりまえのことやないですか!」

 あげく、マスコミの報道に絡めて「なにか、日本の方々と違う方々のデモ行進は大きく(テレビに)映ってる」としたうえで、こう憤慨をあらわにした。

「なんなんですか!? この問題は民族闘争の問題なんですか!? ヘイトというんじゃなくて、民族闘争なんですか? ここは日本の国でありますから、1億3000万の大多数は日本人であります。少数の人たちに配慮してつくったのがヘイトなんですね。大きな声あげたらあかん、罵声あげたらあかん、人格貶めたらいかん、いうのでヘイトいうのができたんです」

 そのままでは意味が通じないので補足的に推察すると、おそらく、籠池氏が「配慮してつくったのがヘイト」とか「ヘイトいうのができた」というときの「ヘイト」は、ヘイトスピーチの抑止を目的とする大阪市の条例のことを指していると思われる。だが、続けて籠池氏はドヤ顔でこんなトンデモをぶちまけた。

「でも考えてください。逆にその人たちから罵声を浴びられて、そしてここの幼稚園でも、えー、大韓民国民団というかたが、意見書をもってこられました。多数のかたでね。そういうことは果たして逆ヘイトではないんですか! 日本人多数のなかの、少数の人たちがそういうことをする。しかもそれを、ヘイトということで規制させる。しかも教育機関にたいして」

 凄まじい逆ギレ。ネトウヨの論理そのものである。周知の通り、塚本幼稚園では「邪な考え方を持った在日韓国人や支那人」などと書いた差別文書を保護者に配布しており、籠池氏が大阪府から事情聴取されたほか、昨年12月の保護者向け冊子でも「(韓国の)心を引き継いだ人たちが日本人の顔をしてわが国に存在することが問題」などと記載。また運動会でも園児たちに「日本を悪者として扱っている中国、韓国が心あらため、歴史教科書で嘘を教えないようお願いいたします。安倍首相がんばれ!」と宣誓させていた。

 こうした自らのヘイトスピーチへの反省はつゆほども見せず、逆に差別への抗議に対しては「逆ヘイト」などといきり立つ……。教育機関云々以前に、その論理構造及び感性を理解するのは極めて困難だ。しかも、それでいて籠池氏は動画の中で「表現の自由とか報道の自由とかは基本的人権よりも超越するんですか!?」などと何度か怒声をあげている。基本的人権をないがしろにする教育勅語を園児たちに暗唱させておきながら、一体どの口が……。もはや苦笑するほどの価値すらないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
2 籠池「昭恵夫人に適時報告していた」
3 ノブコブ徳井が復讐目的で小説を発表!
4 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
5 小林よしのりが国会で共謀罪に反対
6 財務省の森友問題関係文書はやはり存在
7 恩田陸が新作小説でナショナリズム批判
8 今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
11 ブルマーが強制された意外な理由とは
12 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
13 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
14 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
15 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
16 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
17 辞任!今村復興相の差別的本質は最初から
18 浅田真央引退会見のNGワード
19 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
20 安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
3「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
4室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
7キノコや筍を採るだけで共謀罪
8講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
9籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
12今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
13安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
14グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
16「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
17北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
18有村治子議員がNHKに言いがかり
19三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
20安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」