能年玲奈には“洗脳”攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず…マスコミが黙る2つのタブー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shimizuhumika_170212.jpg
『女優・清水富美加の可能性~守護霊インタビュー~』(幸福の科学出版)

 女優の清水富美加が芸能界を引退し、幸福の科学に出家するという一件が大騒ぎとなっている。昨日からワイドショーでは大きく取り扱われ、スポーツ新聞でも軒並み一面でこのニュースが報じられているのはご存知の通り。

 今回の清水富美加をめぐる一件では、マスコミでの報じられ方に大きな特徴がある。各メディアとも、幸福の科学と、彼女の所属しているバーニング系列のレプロエンタテインメント、両方の顔色をうかがって右往左往しているのである。

 まず、時系列に沿って泥仕合の様子を振り返ってみたい。

 清水の引退報道を受けて幸福の科学は昨日午後に会見を開き、彼女が月給5万円で仕事をさせられていたこと、水着撮影や人間を食べるストーリーの映画への出演など本人の意に沿わない仕事を強制させられていたこと、そして本人が周囲に死への願望まで漏らしていたと明かした。

 その一方、レプロ側は幸福の科学の会見内容に反論。同日夜に会見を開き、5万円の他にも食費や住居費や交通費なども支払っていたと説明、また、仕事の強要についても本人が望まない仕事を無理やりさせたことはないと主張した。

 双方で意見が食い違い、まさしく泥仕合となっているわけだが、前述の通り、このニュースをめぐってマスコミはなんとも玉虫色な報道を迫られている。

 レプロをめぐるトラブルといえば、いま真っ先に思い浮かぶのが、能年玲奈(のん)をめぐるトラブルだ。周知の通り、この一件ではワイドショーやスポーツ新聞、また、バーニングの意向に沿う週刊誌らが束になって、「能年は演技指導の先生に洗脳されている」などと騒ぎ立てた。

 清水もレプロ所属ということで、CM契約や主演映画の公開などが控えている状態での事務所側が望まない引退劇、しかも、その理由がカルト的な側面も指摘される新興宗教団体への出家というのであれば、今回ものんの場合と同様、マスコミはレプロ片方の主張のみを報じ、「清水富美加が新興宗教団体に洗脳された!」といったスキャンダラスな論調で煽り立てるのだろうと予測する声も多かった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

能年玲奈には“洗脳”攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず…マスコミが黙る2つのタブーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とくダネ!タブーバイキングバーニングミヤネ屋宗教幸福の科学編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃