小藪の『美魔女批判』は本当に正論か? 35歳以上の女は着飾っちゃいけないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koyabu_150505.jpg
吉本興業株式会社公式HP 芸人プロフィールより


 歯に衣着せぬ物言いで世間が言いにくいことをズバッと言い当て、先輩芸人にも臆することなく皮肉をとばす芸風で、お笑い界の「ご意見番」的ポジションを固めつつある小藪千豊。その小藪の美魔女批判が大きな話題を呼んでいる。

「美魔女」とは、雑誌「美STORY(現「美ST」)」(光文社)が提案する、「35歳以上の才色兼備」な女性のこと。「魔法を使ったように若く美しい」中年以降の子どもを持つ女性を指すことが多い。2010年からは毎年「美魔女コンテスト」なるものも開催され、広く認知されるようになった。このブームを「いい年こいた美魔女をチヤホヤする国に未来はない」と一蹴し、事あるごとに「美魔女批判」の音頭を取っているのが小藪なのだ。

「少ない給料の中でやりくりして子育てしてる若いお母さんは、メイクもできんし、エステにも通えず、服買うこともなかなかできん。なのに、自分より年いったオバハンがキレイにしてイキってるのを見たら、ストレスがたまる一方でかわいそう」
「いろんなことを我慢して子どもを育て上げたオバハンを見て、男が「女はエライな」と思う、そんなオバハンを賛辞する方向に持っていかなアカンとつくづく思う。「美魔女=絶対の正義」みたいな風潮が強まりすぎて、普通のオバハンが「私らアカンのかな」となったらどうなるか」
「キレイなだけで褒めるのは、もうヤメにした方がええんちゃうかな。それがひいては日本のためになるということにそろそろ気づくべき。女の人が美だの恋だのに脳の過半数を奪われている国家というのは未来がないと思います」(「SAPIO」小学館/2015年4月号)

 まあ、たしかにあの小藪の言いそうな主張ではある。小藪はこれまでも地道に生きる人の味方のようなポーズをとって、浮ついた若者や流行に説教をたれてきた。

「夢は絶対に叶わへん」
「やりたくないことをやるのが社会や」
「芸能人だから撮られても仕方ない? そうしたら、きれいな女の人の乳、触ってもええんか、という話ですよ」
「だいたいそんな事を決める所にいる女性は専業主婦ちゃうからね 専業主婦の意見は表に出んよ 働く女性の意見のみが横行」

 これらの説教は一見、正論に見えるが、実は地位や力のない者に向かって文句を言うな、黙って今のシステムに従え、と言っているだけ。既得権益者が新規参入者を排除するときに用いるレトリックとなんら変わりがない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小藪の『美魔女批判』は本当に正論か? 35歳以上の女は着飾っちゃいけないのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。主婦家事藤 マミの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画