>  >  > 「おしどりマコ」の原発取材

おしどりマコ“原発”追及のジャーナリズム精神に改めて感動! 会見500回、東電との闘いを描くドキュメントが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
NNN_170208.jpg
『NNNドキュメント』公式サイトより


 おしどりマコ・ケンをご存知だろうか。妻のマコはアコーディオンを、そして夫のケンはパントマイムや針金を使って夫婦漫才をする芸人カップルだが、それ以上に注目されているのが福島第一原発事故に対する取材活動だ。2人は3.11の原発事故以降、取材活動をスタートさせ、東電の会見にも出席、その結果をメディアに発表してきた。

 そんなおしどり夫妻だが、これまで原発の取材活動をめぐり、度々バッシングや炎上騒動の標的にされてきた。たとえばネットでは“放射脳の虚報”“芸人のくせにジャーナリスト気取り”“エセ科学の金字塔”などといった批判が踊り、中には“売れない芸人が原発問題をウリにしている売名行為だ!”などという非難まであった。

 しかし、実はおしどり夫妻の原発問題へのアプローチはそういった誹謗中傷とは真逆、むしろ、非常に客観的で精緻な調査に基づいており、ジャーナリスティックなものだ。そのことを改めて再確認させられたのが、2月5日深夜放送の『NNNドキュメント'17 お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日』(日本テレビ)だった。

 そもそもおしどり夫妻が原発取材を始めたきっかけは、3.11の原発事故直後から、政府や東電が繰り返した「直ちに影響はありません」という説明に違和感を感じたことだった。2人には原発に関する知識はなかったというが、しかし妻・マコはかつて医学の世界を目指し、鳥取大学医学部生だった経歴があった。被曝による健康被害について、関心や知識的バックグラウンドもあったのだろう。

 加えて医学の道を断念し芸人になった理由も“震災”に関係がある。神戸出身のマコは、学生時代に阪神淡路大震災を経験している。その際、被災地での惨状を目の当たりにし、“医学では人は救えない、お笑いこそが癒しだ”と感じて大学を中退、お笑いの道に入ったという異色の芸人なのだ。そんなおしどり夫妻が東日本大震災、そして原発事故に遭遇したのは、東京に移住した3カ月後のことだった。そして事故直後から東電や政府の説明に疑問を持ったマコは、猛然とネットで情報収集を開始する。同時に事故の状況を把握するため東京電力の会見をチェックし、その内容を書き起こす作業も開始したという。だが、そこで感じたのもまた違和感だった。それが東電と一部記者との馴れ合い、癒着だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
2 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
3 レプロと幸福の科学、どっちが“ブラック”?
4 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
5 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
6 アパ代表「ユダヤ陰謀論」
7 南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
8 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
9 たけしがフジとジャニーズに皮肉
10 清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 米山新潟知事が語った共謀罪と原発
13 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
14 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
15 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
16 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 ジャニーズが“2.5次元”に危機感
20 “撮影NGの街”飛田新地の裏側
PR
PR
1たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
2「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
5「おしどりマコ」の原発取材
6稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
7国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
8安倍政権が原発被災者を強制送還
9安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
10安倍はトランプにFTAを要求されてた
11稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
12山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
13安倍とトランプが反マスコミで意気投合
14オスプレイ・フライトマニュアルの中身
15室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
16ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
17南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
18生前退位ヒアリングメンバーが政権批判
19米山新潟知事が語った共謀罪と原発
20安倍もうひとりの祖父の物語
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」