国分太一の「SMAP好きじゃなかった」告白は“感動話”なのか? 陰では本気でSMAPの悪口を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
vivit_161227.jpg
TBS『白熱ライブビビット』番組公式ページより


 ついに昨日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ)で事実上の解散、そして最後の姿となったSMAP。これを受け、本日の各局のワイドショーは“最後のSMAP”を大きく取り上げた。
 
 なかでも、ジャニーズ事務所の後輩である国分太一がMCをつとめる『白熱ライブ ビビット』(TBS)では、国分が「1時間半じゃ終わらないくらいコメントしたいです」と約3分間にわたりSMAPへの思いを吐露、そのなかでこう語ったことが大きな話題になった。

「『スマスマ』を見ながらでも、正直な話、僕、SMAPを認めたいと思いたくなかった、そのときは。いつかSMAPを越えたいから。認めてしまったら、僕はあの先輩にかなわないんじゃないかなと思ったりしたから。数年前とか、SMAPのことも、うーん、なんだろな、このグループ、あんまり好きになれないと思ったときもあったんですけど。でも昨日の『スマスマ』を見て、こんなことをやっていたんだ、SMAPは、と思ったときに、俺ってちっちゃい人間だなと思ったり、正直しました。やっぱり、もうね、この先輩は越えられないなと」

 SMAPのことを「認めたくない」と思っていたことを明らかにしたうえで、それでも『スマスマ』には感動したと締める。こうした国分の率直な発言に対し、ネットでは、「涙があふれました」「素敵なお話ありがとう」「言葉が胸に刺さった」「太一くんの言葉に涙が止まらないよ」といったように国分を讃える声が溢れたのである。

 しかし、これ、本当にそんな感動ものの発言なのだろうか。たしかに、国分は「特別なオンリーワン、そういうグループ」「先輩は越えられない」などと、最終的にSMAPをもちあげてもいたが、注意深くその言葉をチェックしてみると、あちらこちらにSMAPの悪口が散りばめられていることに気がつく。たとえば、SMAPの歴史を振り返ったときはこんな感じだった。

「(SMAPの前の)先輩が光GENJIだったんですよ。爆発的に売れたんですね。その後にSMAPが出るといったときに、いいスタートを正直、僕は切っていないなと後輩ながら思ったんですよ。デビュー曲が1位にならなかったりとか。そうしたところに歌番組がどんどんどんどん、なくなっていくんですね」
「『スマスマ』でも描かれていましたけど、まあ、最初に森くんが脱退してしまう。『スマスマ』が始まって7回目でもう、あ、森くんがいなくなっちゃったんだと思ったら、その後、まあ稲垣吾郎さんが逮捕されたり、草なぎ剛さんが逮捕されるというような報道があって、これ、どうなっちゃうんだろうなSMAPはって、後輩ながらにも思いましたけども」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

国分太一の「SMAP好きじゃなかった」告白は“感動話”なのか? 陰では本気でSMAPの悪口を…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPTOKIOジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画