AV男優・監督の二村ヒトシが「婚活相談」で驚きの提案!「アナルを掘られてみては?」「恋愛なんて趣味でやるもの」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
motetohimote_161107.jpg
『モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談』(講談社)

「草食系男子」「絶食系男子」といった言葉が取り立てて真新しいフレーズに聞こえなくなって久しい。リクルートブライダル総研が公表した「恋愛・婚活・結婚調査2015」のデータによれば、現在独身の30代男性のうち79.7%には恋人がおらず、そのうち32.5%はこれまでの人生で恋人がいた経験がないという。ちなみに、30代女性では67.4%に恋人がおらず、そのうち18.6%は恋人をもった経験がないと統計が出されている。

 ただ、とはいってもやはり、いつか機会があれば結婚したいと考えている人は多い。そんな男女はいったいどうやって恋愛・結婚に向かって一歩を踏み出せばいいのだろうか。そんな悩みに応える、一見風変わりなタッグによる恋愛指南本が発売された。著者は、「痴女」「ふたなり」といったジャンルを開拓してきたAV監督の二村ヒトシ氏と、婚活コンサルティング事業を行う「魔女のサバト」主宰の川崎貴子氏。

 その『モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談』(講談社)のなかで二村氏は、恋愛について考えるよりもまずその前に、「あなたの欲望はなんですか?」と自分自身に問い質してみることが大事だと語る。

「僕はどんな人にも、生きている根っこというか、根源になる欲望があると思っているんですよ。その人の心から欲しがっているものは、実はその人が他人に与えることができるものでもあるし、その欲望をうまく使いこなせればまわりの人の役に立てる。それを客観的にたどって自分を見つめなおすのが、モテるためには必要なんです」
「そのことを考えないのが、普通に働いている若い人たちが「なんとなく生きづらい」ことの一因だと思うんですよ。人間って「自分には何ができるのか、何はできないのか。何がしたいのか、何はしたくないのか。それはなぜなのか」をわかっていて、それを上手くコントロールできていると病まない。でも社会からいつわりの欲望を押し付けられて、まわりが気になってしまっていると苦しむ」

「自分が本当にしたいこと」よりも、社会が要求しているもの(もしくは、要求していると思い込んでいるもの)、たとえば、男は外でがっつり稼ぎ、女は家を守るべき、といったものに応えようとガチガチに凝り固まっていると、幸せからはどんどん遠ざかっていく。川崎氏もこのように語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AV男優・監督の二村ヒトシが「婚活相談」で驚きの提案!「アナルを掘られてみては?」「恋愛なんて趣味でやるもの」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。モテ婚活新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 麻生太郎が愛人の店に2360万円
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
13 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 財務次官セクハラが海外メディアでも
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも