滝沢秀明「SMAPはアホ」発言に対し、今井翼が「解散はメリーさんのせい」と真っ向批判! Jで広がるメンバー間対立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takitsuba_161017.jpg
SMAP騒動の余波は、仲がいいと言われていたタッキー&翼の間やほかのグループ内にも…

「事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」

 SMAP解散問題について「週刊文春」(文藝春秋)の直撃を受けたタッキーこと滝沢秀明が、こんな発言をしたのは約1ヶ月前。「ジャニーズの先輩でもある中居正広ら4人をアホよばわりした」と、一部で波紋を呼んだ。

 ところが、今度はそのタッキーと「タッキー&翼」でコンビを組んでいる今井翼がSMAP 解散をめぐって衝撃的な発言をしたらしい。ただし、内容はまったく逆。今井はジャニーズの女帝・メリー喜多川副社長のことをこう痛烈に批判したというのだ。

「SMAP解散はメリーさんのせいだ」

 こちらを報じたのも同じ「週刊文春」(外部リンクhttp://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1119612)。先週発売の10月20日号で「翼は日頃から中居(正広)君を慕っていて、『SMAPさんが分裂なんてあり得ない』と激しく動揺していました」「翼はじつは『週刊文春』を愛読しているのですが、酒をあおっては、『SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない』と投げ遣りに言っていた」という知人の証言を掲載したのだ。

 たしかに、今井はSMAPの中居正広と同じ中学出身で、1998年に放送された月9ドラマ『ブラザーズ』(フジテレビ)では、主演である中居の弟役として出演。さらに、今井が2014年にメニエール病を患い休養した際には、中居から直筆の手紙と空気清浄機をプレゼントされたことを自分のラジオ番組で語ったこともある。

 また、8月15日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ)のビストロスマップに片岡愛之助が出演した際、フラメンコと歌舞伎のコラボである舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門』のVTRが流れると、中居はすぐさま「これ翼出てんだよね~」とうれしそうにコメント。今井が中居を慕っているのはもちろん、中居のほうもずいぶんかわいがっているようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

滝沢秀明「SMAPはアホ」発言に対し、今井翼が「解散はメリーさんのせい」と真っ向批判! Jで広がるメンバー間対立のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズメリー喜多川今井翼島原らん滝沢秀明の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画