>  >  > 週刊誌から「死ぬまでSEX」が消える?

週刊誌から「死ぬまでSEX」が消える?「週刊現代」が自らの人気企画を批判する記事を掲載しSEX決別宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gendai_161012.jpg
「週刊現代」2016年10月15日・22日号

 ここ数年、「週刊現代」(講談社)「週刊ポスト」(小学館)の2誌が競うように毎週誌面で大々的に取り上げ、書店やコンビニの棚を賑わし続けてきた「死ぬまでSEX特集」「死ぬほどSEX特集」。もしかしたら、そのブームに終止符が打たれるかもしれない──。

 というのも、「週刊現代」2016年10月15日・22日号の表紙に、こんな言葉が踊っていたのだ。

〈さようなら、「死ぬまでSEX」 妻からの伝言〉

 ついこの間、「60歳からの『耳でするSEX』」「60すぎても70すぎても 男なら、SEXで認められたい」「あの素晴らしいSEXをもう一度」などといったキャッチコピーが打たれていた場所に、決別宣言ともとれるタイトル。しかも、記事を読んでみると、いきなりこんな一言が飛び込んできた。

〈私たちは勘違いをしていたのかもしれない〉

 これまで同特集では、豊かな人生を送るためには高齢になっても性の悦びを忘れないことが大切なことであり、妻と定期的に夜の関係をもち続けることは夫婦円満をもたらしてくれると煽り続けてきた。しかし、それは間違いであった可能性があると「週刊現代」のこの号は主張するのだ。

〈年を取っても性生活がある夫婦は幸せ。そう思ってきた。クスリを買い、ラブグッズを使い、新しい体位も覚えた。妻も喜んでいるものと思っていた。知らなかった、妻がこんなに悩んでいたなんて〉

 妻の悩みとは何か? それは、妻は夫とセックスしたいなどとはまったく思っていない、むしろ苦痛だということだ。

 記事では、日本性科学会が14年に出した「中高年セクシャリティ調査結果」のデータを引き、50代以上の男性の約40%が妻とのセックスを求めている一方で、妻は50代で22%、60代で12%、70代で10%しか性交渉を求めていないという現実を読者に指し示す。

「死ぬまでSEX」ブームに関しては、これまでも医師たちから警鐘が鳴らされてきていた。たとえば、日本家族計画協会理事長の北村邦夫氏はウェブサイト「KERAKU」の連載のなかで、高血圧症状がある人の場合は性行為を行うにあたり健康被害のリスクが伴うということ、そして、閉経が近づいた女性が受ける「性交痛」の問題について注意喚起している。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
2 吹石一恵の音痴エピソード
3 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
4 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
5 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
6 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
7 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
9 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 トランプ以前から米は日本を守る気ない
12 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13 キムタク最大のタブーとは?
14 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
15 「不倫学」が教える防止策とは?
16 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
17 安倍政権が“国策映画”計画へ
18 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
19 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
8デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10安倍政権が“国策映画”計画へ
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
16『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
19佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」