ベッキー『金スマ』謝罪はおかしい! 不倫は本当に「大きな罪」なのか? 内面化されていく道徳ファシズムの恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
becky_160515.jpg
ベッキー 公式ブログより


 ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動で休業に追い込まれて以来、3カ月ぶりにテレビ出演をしたベッキー。13日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)で中居のインタビューに心情を語った。「復帰は早い」「信用できない」などの非難の声も相変わらずあるが、不倫や会見の嘘を率直に認めたうえ、川谷の元妻にひたすら謝罪したことで、今回はマスコミやSNS上の反応などベッキーに好意的なものも多くなっている。

 しかし、本サイトは正直、この決着には違和感がある。年明けの不倫発覚以来、本サイトでは一貫してベッキーを擁護してきた。むしろ、たかだか不倫をしただけの芸能人を犯罪者扱いし、袋叩きにする芸能マスコミやネット世論の過剰な道徳主義を徹底的に批判してきた。

 だが、今回の『金スマ』を観ていて、今度はベッキーに対して、疑問と怒りを抑えきれなくなった。

 断っておくが、オリエンタルラジオの中田敦彦や一部のネット民のように、ベッキーが「復帰のために計算して演技している」と考えたわけではないし、「あざとい」とか「嘘くさい」とか言いたいわけでもない。むしろ逆だ。

 ベッキーはこの放送で、「罪の大きさを知った」「最低なことをしてしまった」「愚かでした」「心を入れ替えました」と涙ながらに反省の言葉を何度も口にした。こうした言葉が、たんにテレビ復帰のためにその場しのぎで口にしたものなら別にかまわない。演技や嘘なら、わざわざ話を蒸し返そうとも思わない。

 でも、ベッキーはこの日の番組で、本気で反省しているように見えた。そして、「奥様の気持ちを知って、罪の大きさを知って」、川谷のことを「好きじゃなくなった」と言った。

 それはないだろう、ベッキー。なぜ、恋をした相手がたまたま結婚をしていたというだけで、「愚か」「最低」「大きな罪」などと反省しなければいけないのか。相手の妻にそこまで謝罪しなければならないのか。自分の気持ちを抑圧しなければならないのか。

 世間は「奥さんを傷つけた」などと言うが、それは相手が独身で恋人がいる場合だって起こりうる話だ。だが、その場合は絶対にこんなに大きな問題にはなっていない。明らかに相手が結婚しているから「罪」だとされ、ベッキーも今、大仰な反省の弁を並べているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ベッキー『金スマ』謝罪はおかしい! 不倫は本当に「大きな罪」なのか? 内面化されていく道徳ファシズムの恐怖のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ベッキー不倫酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!