中居正広の被災地支援をテレビがまた無視! “嵐推し”ジャニーズの意向か、国分太一は「現地に行くことだけが…」とけん制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaiarashi_01_160509.jpg
中居が再び被災地を訪れるもテレビは嵐を…


 SMAPの中居正広が一昨日の5月7日、再び被災地にかけつけた。4月24日に熊本市で友人と炊き出しを行ったのに続いて、今度は笑福亭鶴瓶、ナインティナインの岡村隆史とともに南阿蘇村や西原村の避難所を訪れたのだが、盛り上がったのは、今回もほとんどネット上でだけだった。

 芸能界の大物3人が揃って被災地を訪れたにも関わらず、前回同様、このニュースをテレビは完全に無視するか、または不自然なほど小さな扱いでしか紹介しなかったのだ。

 例えば、8日放送の『報道ステーションSUNDAY』(テレビ朝日)では、今週の話題の1位が「芸能人の熊本の震災支援」だったにもかかわらず、紹介したのは、熊本出身の八代亜紀や千昌夫によるチャリティ歌謡ショー、そして、同じジャニーズの嵐による熊本応援CMのみ。中居らの活動には一切触れなかった。

 本日9日放送のワイドショーも、ほぼスルーだった。前回同様、『とくダネ!』(フジテレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)などの朝の情報番組も、『ひるおび!』(TBS)、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)などの午後のワイドショーも1秒も取り上げなかった。『スッキリ!!』に至っては日テレのキャンペーン「7daysTV かぞくって、なんだ。」のメインパーソナリティを務める鶴瓶本人が番宣で出演しているにもかかわらず、3人の被災地訪問に触れることすらしなかった。

 唯一、中居寄りといわれるTBSだけは、8日の『アッコにおまかせ!』、本日9日の『白熱ライブ ビビット』、『ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜』などで報じたが、それも、スポーツ紙を紹介した上で、主に鶴瓶のことをクローズアップしており、中居についてはほとんどふれなかった。

 しかも、『ビビット』のキャスターを務める国分太一は、「現場、現地に行くだけがいいことなのかどうかは置いておいて、色んな貢献の仕方があるので、今後も続くと思いますので、どんな形でも参加したいと思います」と、中居らの行動をけん制するような微妙なコメントを発していた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中居正広の被災地支援をテレビがまた無視! “嵐推し”ジャニーズの意向か、国分太一は「現地に行くことだけが…」とけん制のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ中居正広時田章広震災の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!