>  >  > 文春のベッキー手紙でバッシング再燃

「週刊文春」がベッキーからの手紙を掲載! 不倫を認め謝罪するも、懸念されるバッシングの再燃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
becky_160106.jpg
ベッキーオフィシャルウェブサイトより


 ベッキーが不倫問題をスクープした「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じたらしい。ここ数日そんな情報がマスコミ界を駆け巡っていたが、やはり噂は本当だった。

 明日発売の「週刊文春」に6ページものベッキー特集が掲載されているのだが、その中で、ベッキーから「週刊文春」にあてた“手紙”が掲載されているのだという。

「週刊文春デジタル」の速報によれば(リンク)、手紙は「サンミュージックプロダクション」の代表取締役社長・相澤正久氏から手渡された、便箋5枚に及ぶもの。そこにはこんな思いが綴られていたという。

〈川谷さんへの気持ちはもうありません。文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました〉

「週刊文春デジタル」にはこれだけしか紹介されていないが、手紙はもっといろいろなことが書かれているようだ。週刊誌関係者がこう語る。

「『週刊文春デジタル』が書いていたことだけでなく、川谷との関係が不倫であったとはっきり認め、会見で嘘をついたことや質疑応答がなかったことについても、謝罪しているようです」

 ベッキーが関係者に謝罪の手紙を書いているのは知っていたが、まさか自分の不倫を暴いて追い詰めた「文春」にまで、手紙を書くとは……さすが、誠実な性格で知られるベッキーと言うほかはない。

 しかし、残念ながら、この記事はベッキーにさらなる試練を与えることになるだろう。

 本サイトで何度も指摘してきたように、ベッキーに対するバッシングは異常とも言えるものだ。ベッキーと所属事務所サンミュージックは、他の大手事務所の芸能人に比べたらはるかに誠意ある対応をとってきたのに、芸能マスコミやネットは「とにかく不倫は許せない」の一点張り。その言葉尻をとらえ、すべてを悪意に解釈し、袋叩きにしてきた。今は沈静化しているが、今回の「文春」の手紙報道でバッシングが再燃するのは確実だろう。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 百田尚樹が今度は被害妄想的テレビ攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
5 『王様のブランチ』MC渡部の情報力
6 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
7 キムタク最大のタブーとは?
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
10 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
11 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
12 SMAP最後の日に中居と木村が
13 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
16 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
17 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
18 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
19 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
12慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
13アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
14政権が原発被害隠しにDASH村利用
15佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
16保護なめんなジャンパーは氷山の一角
17安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
18是枝監督「映画が日本に利用されてる」
19統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
20橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」