「週刊文春」がベッキーからの手紙を掲載! 不倫を認め謝罪するも、懸念されるバッシングの再燃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
becky_160106.jpg
ベッキーオフィシャルウェブサイトより


 ベッキーが不倫問題をスクープした「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じたらしい。ここ数日そんな情報がマスコミ界を駆け巡っていたが、やはり噂は本当だった。

 明日発売の「週刊文春」に6ページものベッキー特集が掲載されているのだが、その中で、ベッキーから「週刊文春」にあてた“手紙”が掲載されているのだという。

「週刊文春デジタル」の速報によれば(リンク)、手紙は「サンミュージックプロダクション」の代表取締役社長・相澤正久氏から手渡された、便箋5枚に及ぶもの。そこにはこんな思いが綴られていたという。

〈川谷さんへの気持ちはもうありません。文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました〉

「週刊文春デジタル」にはこれだけしか紹介されていないが、手紙はもっといろいろなことが書かれているようだ。週刊誌関係者がこう語る。

「『週刊文春デジタル』が書いていたことだけでなく、川谷との関係が不倫であったとはっきり認め、会見で嘘をついたことや質疑応答がなかったことについても、謝罪しているようです」

 ベッキーが関係者に謝罪の手紙を書いているのは知っていたが、まさか自分の不倫を暴いて追い詰めた「文春」にまで、手紙を書くとは……さすが、誠実な性格で知られるベッキーと言うほかはない。

 しかし、残念ながら、この記事はベッキーにさらなる試練を与えることになるだろう。

 本サイトで何度も指摘してきたように、ベッキーに対するバッシングは異常とも言えるものだ。ベッキーと所属事務所サンミュージックは、他の大手事務所の芸能人に比べたらはるかに誠意ある対応をとってきたのに、芸能マスコミやネットは「とにかく不倫は許せない」の一点張り。その言葉尻をとらえ、すべてを悪意に解釈し、袋叩きにしてきた。今は沈静化しているが、今回の「文春」の手紙報道でバッシングが再燃するのは確実だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「週刊文春」がベッキーからの手紙を掲載! 不倫を認め謝罪するも、懸念されるバッシングの再燃のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ベッキー林グンマ週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした