>  >  > 関電、丸川、高浜原発の戦犯が錯乱! 

高浜原発差し止めで再稼働の戦犯たちが錯乱! 関西電力は反対派を恫喝、丸川環境相の避難対策反故で高浜町長はノイローゼ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
genpatu_151225_top.jpg
関西電力HPより


 さる3月9日、関西電力高浜原発3~4号機(福井県大飯郡高浜町)の運転を差し止めた大津地裁(山本善彦裁判長)の仮処分決定が与えたインパクトは、“原発ムラ”にとって想定を超えるものだったようだ。

 決定は直ちに効力をもつため、2基のうちトラブルを起こして停止中だった4号機に次いで、3号機も決定翌日の今月10日、即座に停止せざるをえなくなったのだが、とくに、自ら停止スイッチを押すはめになり、稼働中の原発を失った関西電力はその後、常軌を逸した強硬姿勢を見せている。

 仮処分決定の直後、真っ先に声を上げたのは岩根茂樹副社長(6月の株主総会後に社長に就任予定)だった。

「5月1日に実施する予定だった電気料金の値下げは行わない。(大津地裁の決定が覆れば)値下げを実施する」

 本来、値下げを行うには経費節減が欠かせないはずだ。そんな経営努力などそっちのけで、値下げの見送り理由をひたすら仮処分決定にするひどい発言だった。

 そして極めつきは、今月18日の記者会見で飛び出した。東京電力の凋落後、電気事業連合会の会長として業界に君臨している関西電力の八木誠社長(会長就任予定)が会見場の記者たちを見回し、「仮処分決定への不服申し立てが認められ、上級審で勝訴した場合」という仮定の話をもち出して、こんなトンデモ発言をしたのだ。

「逆転勝訴すれば一般的に原告への損害賠償請求が考えられる」

 関西電力は常日頃から「高浜3号機と4号機が動かないと、燃料費の増加で月100億円程度の損失が出る」と口にしている。こんな金額を原告が負担する義務など生じるはずもないし、こんなスラップ訴訟を仕掛けてくること自体、公共性の高い電力会社としてはあるまじき暴挙だが、関西電力側はなりふりかまわず、反対運動つぶしに血道をあげているのだ。しかも、関西電力はメディアに対しても凄まじい圧力をかけているという。

「この間、高浜原発の運転差し止め判決を評価するような報道したテレビ局には、関西電力から逐一、『反原発派の一方的な言い分だけを流さないでほしい』という抗議が入っている。しかも、局だけでなく、コメンテーターにも『ご説明に上がりたい』などと接触をとろうとしてくるらしい。口調はやわらかいが、ようは圧力です」(在阪テレビ局員)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
2 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
3 戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち
4 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
5 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
6 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
7 大手メディア参院選情勢調査の結果は
8 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
9 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
10 上原亜衣は? AV女優の引退後
11 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
12 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
13 乙武別居で障碍者への偏見報道が
14 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
15 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
16 宇野常寛が舛添イジメ批判
17 稲田朋美が「男も女も自衛隊体験を」
18 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
19 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
20 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2安倍も政治資金の公私混同が次々判明
3フジロックに政治を持ち込むなというバカ
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
7稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
8報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
9山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
10安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
11安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
13NHKディレクターが語る原発報道圧力
14大手メディア参院選情勢調査の結果は
15党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
16舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
17安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
18百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
19五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
20安倍のPR動画パロディを自民党が削除
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」