>  >  > ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称

学歴詐称はショーンKだけじゃない! 安倍首相も「南カリフォルニア大学政治学科留学」を詐称しこっそり削除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abe_K_160318_top.jpg
上・安倍晋三公式サイトより/下・ショーンK公式モバイルサイトより


 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)3月24日号がスクープした、経営コンサルタントの“ショーンK”ことショーンマクアードル川上氏の経歴詐称問題が大きな話題になっている。

 ショーン氏は決定していたフジテレビの新番組『ユアタイム』のキャスターや『報道ステーション』(テレビ朝日)や『とくダネ』(フジテレビ)のコメンテーターを即座に降板したが、それも当然だろう。

 ショーン氏はこれまで、公式ホームページやメディアの取材に対し、テンプル大学とパリ第一大学で学んだあと、名門ハーバードのビジネススクールでMBA(経営学修士号)を取得したなどとしてきた。ところが、「週刊文春」でショーン氏自身が告白したところによれば、テンプル大学は在籍しただけで卒業しておらず、パリ第一大学はオープンキャンパスで聴講しただけで留学の事実はない。しかも、ハーバードのビジネススクールに関してはMBAはおろか、「まったくの外部の人間」としてわずか3日間のコースを一度経験しただけだという。

 ショーン氏はどうも海外留学歴の確認しづらさを利用して嘘のプロフィールをでっちあげ、“経営コンサルタント”として名前を売ってのしあがってきたらしい。いくらなんでも、こんな人物がニュース番組のコメンテーターやキャスターをやれるはずはないだろう。

 しかし、実は、政界にはこのショーン氏と同様の学歴詐称をしながら、今も権力の座に居座る厚顔の人物がいる。ほかでもない、安倍晋三首相だ。安倍首相もまた、嘘の海外留学歴を公言し、自らの箔付けを行っていたことがあるのだ。

 この事実が発覚したのは、安倍氏が自民党幹事長時代の2004年。当時、安倍氏は自らの経歴をこう称していた。

〈1977(昭52年)3月 成蹊大学法学部政治学科卒業、引き続いて南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学〉
  
 事務所のホームページ、後援会向けに作成したプロフィールはもちろん、新聞や雑誌のインタビュー記事などでも同様の記述がされていた。

 南カリフォルニア大学は、1880年設立と、アメリカ西海岸の私立大学では最古を誇る名門校。成蹊大学卒という学歴にコンプレックスをもっていた安倍氏は、この留学歴を前面に出し、箔付けにおおいに利用していたというわけだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NEWS加藤がSEALDsに賛同!
2 自民党のオバマ利用“違法CM”の顛末
3 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
4 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
5 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
6 森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
7 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
8 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
9 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
10 大手メディア参院選情勢調査の結果は
11 戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち
12 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
13 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
14 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
15 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
16 稲田朋美が「男も女も自衛隊体験を」
17 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
18 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
19 乙武別居で障碍者への偏見報道が
20 甘利明の捜査を潰した法務省幹部の名前
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
4文春が東京五輪を!電通元専務に金
5参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
6稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
7報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
8山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
9安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
10安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
11「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
12NHKディレクターが語る原発報道圧力
13大手メディア参院選情勢調査の結果は
14党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
15舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
16安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
17百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
18五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
19安倍のPR動画パロディを自民党が削除
20日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」