>  >  > 中居「もう元通りにはならない」

SMAP騒動後初の5人で生歌唱も、中居正広は「いろんなことを含めて、もう元通りにはならない」と意味深発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smap_01_160118.jpg
SMAPはもう修復不可能なのか…


 本日、SMAPがNHKの『震災から5年“明日へ”コンサート』に出演、5人揃って生放送の番組に出演するのは件の“生謝罪”以来とあり、注目を集めた。

 だが、番組のオープニングから5人で笑顔を湛えて登場するも、木村拓哉が話しはじめると中居ら4人は固まったような表情に。結局、放送中に4人のメンバーと木村が目を合わせることはなかった。

 もうSMAPに生じた溝は埋められないのでは──。そう考えるのは、5人を包む不穏な空気だけが理由ではない。それは、リーダーである中居正広が雑誌のインタビューで示唆的な言葉を発しているからだ。

 中居のその発言とは、「オリ☆スタ」(oricon ME)3月14日号に掲載されたインタビューでのこと。中居は被災地に足を運ぶことの大切さを述べたあと、自身が岩手県山田町に行ったときに感じたことを語りはじめる。

「近所の人たちが密集しているこの生活も悪くないって思い始めてる人もいますし、早くここを出たいっていう人もいますし、ほんと様々で」

 そして、こう口にするのだ。

「いろんなことを含めて、もう“元通り”にはならないんですよね。そういう希望を持たなければいけないって考えもあるでしょうけど、5年経った今、まるまる元通りっていうのは難しい。みんな5年前の体力はないですし、5年前の若さには戻れないですから」

 一度、壊れてしまったものは、まんま元通りにはならない──。あくまでこれは被災地についての話なのだが、それにしては当事者のように諦念が深すぎる。まるで、中居がいまの自分と重ね合わせて発言しているかのようだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
2 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
3 坂本、長野ら巨人選手と暴力団の交際発覚
4 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
5 酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
6 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
7 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
8 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
9 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
10 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
11 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
12 綾野剛が映画の自主規制と内面化を批判
13 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
14 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
15 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
16 SMAPを殺したのはキムタク
17 キムタク最大のタブーとは?
18 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
19 ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
20 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
PR
PR
1石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
2石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5小池百合子は“女性の味方”じゃない!
6相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
7 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
8小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
9「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
10小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
11雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
12自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
13大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
14安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
15植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
16改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
17ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
18水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
19小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
20酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」