>  >  > 中居「もう元通りにはならない」

SMAP騒動後初の5人で生歌唱も、中居正広は「いろんなことを含めて、もう元通りにはならない」と意味深発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smap_01_160118.jpg
SMAPはもう修復不可能なのか…


 本日、SMAPがNHKの『震災から5年“明日へ”コンサート』に出演、5人揃って生放送の番組に出演するのは件の“生謝罪”以来とあり、注目を集めた。

 だが、番組のオープニングから5人で笑顔を湛えて登場するも、木村拓哉が話しはじめると中居ら4人は固まったような表情に。結局、放送中に4人のメンバーと木村が目を合わせることはなかった。

 もうSMAPに生じた溝は埋められないのでは──。そう考えるのは、5人を包む不穏な空気だけが理由ではない。それは、リーダーである中居正広が雑誌のインタビューで示唆的な言葉を発しているからだ。

 中居のその発言とは、「オリ☆スタ」(oricon ME)3月14日号に掲載されたインタビューでのこと。中居は被災地に足を運ぶことの大切さを述べたあと、自身が岩手県山田町に行ったときに感じたことを語りはじめる。

「近所の人たちが密集しているこの生活も悪くないって思い始めてる人もいますし、早くここを出たいっていう人もいますし、ほんと様々で」

 そして、こう口にするのだ。

「いろんなことを含めて、もう“元通り”にはならないんですよね。そういう希望を持たなければいけないって考えもあるでしょうけど、5年経った今、まるまる元通りっていうのは難しい。みんな5年前の体力はないですし、5年前の若さには戻れないですから」

 一度、壊れてしまったものは、まんま元通りにはならない──。あくまでこれは被災地についての話なのだが、それにしては当事者のように諦念が深すぎる。まるで、中居がいまの自分と重ね合わせて発言しているかのようだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ポストが有吉母に結婚、妊娠を直撃
2 キムタク最大のタブーとは?
3 高畑と同根?千原がキム兄と女性暴行
4 梅沢富美男が高畑事件で女性蔑視発言
5 夏目の事務所が有吉の子妊娠報道に圧力
6 林真理子がなんとキムタク批判!
7 草なぎ剛のお相手はあの人との仰天説
8 不祥事の背後に警察のパワハラ体質!
9 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
10 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
11 リオで椎名林檎が五輪批判の舞台音楽を
12 秋篠宮家の料理番がブラック告発
13 井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
14 グッディ!土田マジギレ真の原因
15 鶴保庸介沖縄北方相が元妻にモラハラ!
16 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
17 SMAP解散報道のタブーにミタパンが
18 「SMAPは15年前に壊れてた」は嘘
19 SMAPを殺したのはキムタク
20 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
PR
PR
1吉永小百合が「9条は変えさせない」
2日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
3長崎原爆の式典で警察が「改憲反対」取締まり!
4稲田朋美防衛相が520万円領収書偽造
5NHKがピーコの戦争批判をカット!
6水原希子が靖国神社にNO!
7みうら&クドカンも憲法改正に危機感
8片山さつきが貧困女子高生を卑劣攻撃
9井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
10大嘘つき!安倍がオバマの核軍縮を妨害
11安倍のワシントンポスト報道否定は大嘘
12再稼働した伊方原発は日本で一番危険!
13稲田朋美が語っていた靖国の恐怖の目的
14SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
15SEALDs解散!奥田愛基インタビュー
16甘利明事件潰しの法務官僚が事務次官に
17リオで椎名林檎が五輪批判の舞台音楽を
18天皇生前退位でよしりんvs日本会議
19小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
20SMAPが解散を発表!原因はキムタク
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」