>  >  > 英大手紙が“安倍の圧力で司会者降板”

英大手紙「ガーディアン」「エコノミスト」が“安倍の圧力でTV司会者降板”と報道!「日本の国際的評価を打ち砕いた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hurutachi_151224_top.jpg
古舘プロジェクトHPより


「萎縮はしないんですよ、毎晩の報道を観ていただければわかるように。それはですね、むしろ言論機関に対して失礼だ」と、2月、安倍政権下での“メディアの萎縮”を否定した安倍首相。さらにはこうも述べた。

「外国から誤解される恐れがある。まるでそんな国だと思われるわけでありますから」(4日、衆院予算委での答弁)

「誤解」ではない。事実である。安倍首相は昨年3月16日の国会でも、衆院選前報道をめぐる民放テレビ局への“クレーム”を追及され「国民に放送されている場で圧力をかけることはあり得ない」と嘯いたが、これも大嘘だ。

 そして、いまや世界も、日本が「そんな国」であることを看破しつつある。最近、イギリスの複数新聞が、立て続けに“安倍政権の圧力により3人のテレビ司会者が番組を去ることになった”と報じたのだ。

 まずは英大手一般紙「ガーディアン」。2月17日付で、「政治的圧力のなか日本のTVアンカーたちが降板する」(Japanese TV anchors lose their jobs amid claims of political pressure)というタイトルの記事を公開、ウェブ版で全世界に配信した。

 その内容は、日本で〈タフに疑義を呈することで定評のある〉報道番組の司会者3人が、同時期に番組を降りることになったと伝えるもの。ご存知のとおりその3人とは、テレビ朝日『報道ステーション』の古舘伊知郎氏、TBS『NEWS23』の岸井成格氏、そしてNHK『クローズアップ現代』の国谷裕子氏のことだ。

「ガーディアン」は3氏の名前と番組名を具体的に挙げて降板に至る経緯を説明しながら、先日の高市早苗総務相による「電波停止発言」を問題視。そして、数々の例をあげて〈安倍が放送局の編集の独立権の議論を紛糾させるのは、これが初めてではない〉と強調する。

〈2005年、安倍は、NHKスタッフに戦時中の従軍慰安婦についてのドキュメンタリー番組の内容を変更させたことを、自身で認めている〉
〈安倍が2014年暮れに突如、総選挙をぶちあげたとき、自民党は東京のテレビキー局に対して、報道の「公平中立ならびに公正の確保」を求める文書を送りつけた〉
〈また、安倍は公共放送NHKの会長に、オトモダチの保守主義者である籾井勝人を据え、編集方針に影響を及ぼそうとしているとして非難されている〉
〈報道関係者を懲役5年以下の刑に処すことを可能にした2013年の特定秘密保護法の成立と同様、メディアへの脅迫の企ても日本の国際的評価を打ち砕いた〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
2 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3 アパ代表「ユダヤ陰謀論」
4 南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
5 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
6 たけしがフジとジャニーズに皮肉
7 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
8 米山新潟知事が語った共謀罪と原発
9 ジャニーズが“2.5次元”に危機感
10 ジャニーズがフジテレビの人事を左右
11 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
12 濱野智史の公開生謝罪に違和感の声
13 “撮影NGの街”飛田新地の裏側
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
17 清水富美加と「カルト信者の子」問題
18 清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
19 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
20 安倍はトランプにFTAを要求されてた
PR
PR
1たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
2保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
3「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
4「おしどりマコ」の原発取材
5稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
6国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
7安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
8安倍政権が原発被災者を強制送還
9長谷川豊擁立で維新の本質が明らかに!
10安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
11安倍はトランプにFTAを要求されてた
12稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
13山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
14安倍とトランプが反マスコミで意気投合
15オスプレイ・フライトマニュアルの中身
16室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
17ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
18南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
19生前退位ヒアリングメンバーが政権批判
20米山新潟知事が語った共謀罪と原発
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」