オヤジ週刊誌が「ベッキー叩きは不倫したくてもできない人妻の嫉妬」と…ベッキー叩きもゲスだがこれも性差別!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
becky_160106.jpg
ベッキーオフィシャルウェブサイトより


 ベッキー不倫騒動は性差別──。今月8日付けのイギリス・ガーディアン紙(電子版)に掲載された記事が話題を呼んでいる。

 この記事では、ベッキーが番組降板やCM打ち切りが相次ぎ休業に追い込まれた一方で、ゲスの極み乙女。の川谷絵音の音楽活動に支障が出ていないことを報道。さらに、女性アイドルの恋愛禁止やAKB48・峯岸みなみの“丸坊主謝罪”などを取り上げながら、ベッキー問題を「日本の芸能界にはびこる性差別」だと紹介したのだ。

 バーニングやジャニーズといったコワモテの大手事務所所属のタレントが不倫をしても知らんぷりするのに、個人事務所や独立系、弱小事務所のタレントと見るや大挙して大バッシングする。しかも、男性タレントとは違い、女性タレントの性スキャンダルはケタ違いで嫌われる……。本サイトでもそうした歪な芸能マスコミの構造や日本に蔓延る性差別の問題を追及、孤立無援のベッキーを全面擁護することを宣言してきたが、やはり海外から見るとベッキーバッシングは異常な光景であるようだ。

 しかも、そうした“性差別”は一見、ベッキーバッシング批判にみえるような記事にも潜んでいる。

 その典型は小学館発行の男性週刊誌「週刊ポスト」(小学館)号に掲載された「ベッキー&ゲスを異常バッシングする『不倫したい人妻たち』の素顔」という特集だ。

 この記事では、ベッキーをバッシングする人の多くが“人妻”だとして、その心理を赤裸々に解読しよう、という試みらしい。

 まず、ベッキーが出演したテレビに抗議をしてきたのは「20〜40代の主婦層」だといい、ここにバッシングの背景があるという。というのも、この記事によれば、8割もの人妻が夫以外の男性に“トキメキたい”と考えていて、夫に抱かれながら別の男性を思い浮かべる人妻は50%以上にのぼるらしい。しかし、かといって通常はなかなか一線を超えられない。いざ浮気がバレたときの生活、経済的リスクが大きいからだ。欲望はある、でも抑えなきゃ……多くの人妻の心境は、このように複雑なのだと「ポスト」は解説する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

オヤジ週刊誌が「ベッキー叩きは不倫したくてもできない人妻の嫉妬」と…ベッキー叩きもゲスだがこれも性差別!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ベッキー不倫田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃