>  >  > 古舘が降板発表後の『報ステ』で

古舘伊知郎が降板発表後はじめての『報ステ』で見せた無念、やはり菅官房長官の圧力が原因との具体的情報も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hurutachi_140715.jpg
テレビ朝日『報道ステーション』HPより


「今年の3月の末をもって『報道ステーション』を辞するということを決意いたしました。3月いっぱいまでは誠心誠意、できるかぎりがんばっていこうと思っております」

 昨年末に電撃的に『報道ステーション』(テレビ朝日)降板を発表した古舘伊知郎キャスターが、昨日、新年最初、そして降板発表後はじめての放送を行った。古舘氏は番組冒頭で前述のように降板の挨拶を口にしたが、じつはその後、番組内ではまるで自ら降板を申し出たとは思えない発言が飛び出した。

 それは、憲法改正の話題にふれたときのこと。安倍政権の目論見は、9条改正ではなくまずは緊急事態条項の新設から検討するのではといわれているが、こうした背景も踏まえてか古舘氏は「どういう口あたりのいいところから変えようとしているのか」とチクリ。今国会でも参院選に影響すると思われる安保法にかんする政策などを先送りさせるが、このように自分たちに都合の悪い議論を避けようとする動きについても、「憲法をどうするのよ?という、そういう(国民ひとりひとりが)自分のなかの考え方が決まらないうちに参院選挙突入というのはいかがなものか、ですよね」と釘を刺した。

 そして、古舘氏はこう述べたのだ。

「安倍総理も憲法改正についてはしっかりと、ということを発言されておりますしね。丁寧に安保についても説明していくということを公言されているわけですから、今国会であんまり(議論が)やられないうちに、我々もあんまり伝えられないうちにズルッとなんて夏に向かうなんていうのは、これはイカンと」

 国会でのきちんとした議論もないまま、報道がその事実を伝えられないまま、参院選に突入するなんて許してはいけない──。この発言を聞くと、まるで7月の参院選まできっちり報道をやりたかったんだ、古舘氏はそう無念を訴えているかのようだった。

 しかも、昨年末にはネット上で古舘降板について、こんな情報が駆け巡った。それは『NHKスペシャル』や池上彰氏の『週刊こどもニュース』でディレクター、プロデューサーを務めた元NHKのジャーナリスト・杉江義浩氏が責任編集するオピニオンサイト「杉江義浩OFFICIAL」で坂井万利代氏が発表した「古舘伊知郎さん降板の本当の理由」という記事だ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
2 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
3 戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち
4 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
5 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
6 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
7 大手メディア参院選情勢調査の結果は
8 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
9 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
10 上原亜衣は? AV女優の引退後
11 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
12 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
13 乙武別居で障碍者への偏見報道が
14 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
15 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
16 宇野常寛が舛添イジメ批判
17 稲田朋美が「男も女も自衛隊体験を」
18 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
19 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
20 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2安倍も政治資金の公私混同が次々判明
3フジロックに政治を持ち込むなというバカ
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
7報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
8山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
9稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
10安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
11安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
13NHKディレクターが語る原発報道圧力
14大手メディア参院選情勢調査の結果は
15党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
16舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
17安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
18百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
19五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
20安倍のPR動画パロディを自民党が削除
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」