>  >  > 黒柳徹子、戦争と平和への思い

「スルメ欲しさに…」紅白総合司会・黒柳徹子が語っていた“戦争責任”と平和、テレビへの思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tetsuko_01_150601.jpg
テレビ朝日『徹子の部屋』番組ページより


 昨晩、放送された『第66回NHK紅白歌合戦』の見どころは、やはり総合司会を務めた黒柳徹子だった。美空ひばり「人生一路」を歌う天童よしみの紹介では美空ひばりの偉大さを語り、また、トリを務めた近藤真彦と松田聖子の出番では彼らとの懐かしい思い出を語るなど、まさに黒柳にしかできない大御所ならではの司会ぶりであった。

 ただ、何よりも黒柳徹子の面目躍如だったのが、美輪明宏「ヨイトマケの唄」を紹介する時に語った言葉だ。貧しい生活のなか家族のために命を削って働いたお母さんの姿を歌うこの曲の歌詞と、戦後70年という節目を鑑みて、黒柳はこんな話を始めたのである。

「戦争が終わってから日本人は本当によく働いたんですね。私は戦争が終わった時小学生だったんですけど、小学生でも、子どもでもみんな働きました。地ならしをするヨイトマケのお母さんたち、みんな働きました。日雇いでお仕事で。お父さんのため、子どものため、みんなのためにって、お母さんみんな働いて、いつか頑張っていれば幸せになれるって思って。私、よくそういう姿を見てたんです。ですから、「ヨイトマケの唄」を聴くと、あの頃を思い出して背筋がピンとするようなそういう感じがします」

 食べるものも満足にないような貧しさに追いやられた戦後すぐの日本。そして、それを生んでしまった戦争。黒柳徹子は、安保法制が強行採決され着々と軍靴の足音が近づきつつある2015年の年の瀬に、そんな過去は繰り返してはならないと、改めて平和への祈りを語ったのであった。

 今回、黒柳が司会に抜擢されたのも、「戦後70年、日本の放送90年」という大きな節目であることが理由だった。もちろん、NHK専属女優の第1号である黒柳にとっては放送90年も感慨深いメモリアルイヤーだっただろうが、きっとそれにもまして“戦争が終わって70年”ということの重みを感じていたはずだ。

 実際、昨年に黒柳は「ダカーポ特別編集 戦後70年を考える。」(マガジンハウス)のインタビューで、平和への思いをこのように答えている。

「私は、政治的発言というものをしてきてはいませんが、いかに皆が平和でいることが大事かということだけは、熱心に発言するようにしています」

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 佐藤浩市がテレビの右傾化に危機感表明
2 成宮寛貴を追い込んだテレビ報道
3 井川遥の「出自」報道でネトウヨが
4 自民党が「政治的中立」で教員締め付け
5 長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
6 成宮コカイン疑惑をテレビはなぜ報道?
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 百田尚樹が映画PRから外された理由
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
11 中居と飯島マネ新事務所設立を新潮が…
12 キムタク最大のタブーとは?
13 一周忌、野坂昭如が死の当日に
14 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
15 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
16 NEWS元側近が暴露した派閥争いの実態
17 香取慎吾は引退なんて考えてなかった
18 解散直前、キムタクが嵐レーベルに
19 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
20 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
PR
PR
1つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
2年金カット強行採決で貧困高齢者が
3長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
4椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
5自民党が女性の社会進出否定する動き
6ASKA逮捕を見せ物にした警視庁
7カジノ法案の背後に安倍とセガサミー
8一周忌、野坂昭如が死の当日に
10長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
12安倍政権と櫻井よしこがもんじゅ継続を
13カジノ法案強行でギャンブル依存症が
14維新が政党交付金の返還逃れ1億円!
15自民党が「政治的中立」で教員締め付け
16カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
17小池百合子の本性が!韓国人学校排除
18つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
19能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
20井川遥の「出自」報道でネトウヨが
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」