フジがテレ東に抜かれるのは当然! ヒットドラマ『孤独のグルメ』も先にフジに企画が持ち込まれていたのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fujitv_01_150402.jpg
フジテレビジョン公式サイトより


「振り返ればテレ東」どころか、テレ東にも追い越されてしまった──。ついにフジテレビのゴールデンタイム週間視聴率(11月23~29日)が7.6%という末期的な数字を叩き出し、8.0%だったテレビ東京に敗北を喫したのだ。

 年末年始にも不安が残る。29日、31日には新格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND‐PRIX 2015」を中継するが、格闘技ブームも去ったなか、これを目玉にするフジの時代錯誤な編成には疑問の声も。さらに元旦の夜は『オールスター対抗歌合戦』という何の目新しさもない残念企画で、唯一の頼みの綱は今月25日からの『全日本フィギュアスケート選手権2015』の中継のみだ。

 このように、フジがキー局最下位となった原因のひとつは、人気番組をつくり出せない企画力の劣化だ。だが、現場に企画力がないわけではないらしい。現場が踏ん張ろうにも、亀山千広社長を筆頭にした幹部たちの“石頭”がそれを打ち砕いているようなのだ。

 その実例が、テレ東のヒットドラマ『孤独のグルメ』をめぐる、フジの失態だろう。じつは『孤独のグルメ』は当初、フジに企画がもち込まれていたという。そして、テレ東でヒットするや否や、フジ幹部が口にした一言とは──。

 フジ凋落を物語る一例といえる話だが、過去にこの問題を取り上げた記事を以下に再録したい。ちなみに、テレ東は元旦の夜にも『孤独のグルメ』スペシャルを放送する予定だ。
(編集部)

********************

 いよいよここまで来たか──。フジテレビの2015年9月期中間連結決算が発表されたが、ついに開局以来初めて営業利益が赤字となったのだ。

 この結果は冷静に考えれば「さもありなん」だろう。ドラマ、バラエティ、情報とすべてのジャンルで低視聴率続きだったフジが「背水の陣」で行った4月期の大改編はことごとく失敗。肝いりではじめた『直撃LIVE グッディ!』『みんなのニュース』はもちろん、新規バラエティも軒並み惨敗し、10月期改編番組も低空飛行。“何をやっても当たらない”という目も当てられない状態になっている。

 そんななか、フジの末期的状況を物語るニュースが報じられた。それは今年、お台場のフジテレビ社屋の敷地内につくられた「テレビの泉」なる噴水をめぐる“疑惑”だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

できないことはやりません ~テレ東的開き直り仕事術~

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

フジがテレ東に抜かれるのは当然! ヒットドラマ『孤独のグルメ』も先にフジに企画が持ち込まれていたのに…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フジテレビ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2 安倍自民党と応援団の姑息すぎる選挙戦
3 リテラが躍進の立憲民主党に注文!
4 恐怖!安倍政権が存続した未来はこうなる
5 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
6 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 安倍政権にNOを突きつける芸能人
9 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 ナンシー関の長渕剛論がすごい
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
15 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
16 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
17 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
18 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
19 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
2山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
3安倍、森友加計問題の説明する気なし
4マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
9中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
10自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19安倍政権にNOを突きつける芸能人
20博士、町山が安倍と見城の癒着批判

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」